[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 注目テーマ > 詐欺的な投資勧誘トラブル

[2018年4月26日:更新]

詐欺的な投資勧誘トラブル

 「未公開株」や「社債」の他、「外国の通貨」「事業への投資話」など詐欺的な投資勧誘をめぐる消費者トラブルが、高齢者を中心に依然として多く発生しています。

 また、最近では特に、以下のような、無登録の海外事業者による詐欺的な投資勧誘のほか、若年者に対する詐欺的な投資勧誘、仮想通貨に関する詐欺的な投資勧誘によるトラブルも目立ってきています。

  • 海外に所在するとしている業者が、金融商品取引法に基づく登録を受けずに国内の消費者に対して勧誘を行い、トラブルになっているケース
  • 金融商品取引法に基づく登録を受けていない業者(無登録業者)等が、セミナーやSNS等を通じて若年者に「投資話」を持ち掛け、消費者金融等から借り入れをさせて投資させるなどし、トラブルとなっているケース
  • 仮想通貨で海外事業者に投資をすると大儲けできると勧誘を行い、配当や預かった仮想通貨の払い戻しに応じずにトラブルとなっているケース

 投資勧誘を受けた場合には、業者の登録の有無なども確認し、契約するつもりがなければきっぱりと断りましょう。

 金融商品取引業の登録を受けた業者については、「免許・許可・登録を受けている業者一覧」(金融庁)で確認できます。

 また、仮想通貨交換業者に係る情報や利用者の方向けの注意喚起等に関する情報は、「仮想通貨の利用者のみなさまへ」(金融庁)で確認できます。

 国民生活センターではこれまでも様々な投資勧誘トラブルについて情報提供を行っています。なかには、国民生活センターや金融庁等の公的機関を騙った詐欺的なトラブルもありますので、注意してください。

また金融庁等の関係機関でも注意喚起を行っていますので、参考にしてください。

参考

国民生活センターの記事

発表情報
仮想通貨に関する様々なトラブルにご注意(2018年4月26日)
知人からの勧誘、セミナーでの勧誘による仮想通貨の購入トラブルにご注意−「必ず儲(もう)かる」という言葉は信じないで!−(2017年3月30日)
投資や利殖をうたう仮想通貨の勧誘トラブルが増加−「必ず値上がりする」などの説明をうのみにせず、リスクが理解できなければ契約しないでください−(2016年2月18日)
iPS細胞・STAP細胞の関連事業をかたった詐欺的トラブルにご注意!−話題性のある出来事に便乗して、高齢者を狙う悪質な手口−(2014年9月11日)
海外業者とのバイナリーオプション取引にご注意ください!−無登録業者との契約は行わないで!!−(2014年9月4日)
儲かってるのに出金できない!?海外FX取引をめぐるトラブルにご注意−自動売買ソフト等を購入させ、海外FX取引に誘う手口−(2014年6月19日)
東京オリンピックに関連した詐欺的トラブルにご注意ください!(No.2)−オリンピック用の建物・土地に関する架空の儲け話−(2014年2月14日)
投資経験の乏しい者に「プロ向けファンド」を販売する業者にご注意!−高齢者を中心にトラブルが増加、劇場型勧誘も見られる−(2013年12月19日)
東京オリンピックに関連した詐欺的トラブルにご注意ください!(2013年10月30日)
新たなエネルギー事業をうたった買え買え詐欺にご注意!−シェールガス?メタンハイドレート?新しい話題を悪用した儲(もう)け話−(2013年5月9日)
「国の被害救済制度で過去の投資被害の回復が図れる」という不審な勧誘にご注意!−消費生活センターをかたり、公的機関を思わせる手続書類を使うなど、手口が巧妙化−(2013年5月9日)
MRIインターナショナルに関する二次被害トラブルにご注意ください!(2013年5月2日)
「国民生活センターから大切なお知らせ」との書面が郵送されてきたら、それはニセモノです!(2012年12月21日)
「買え買え詐欺」にご注意!−より巧妙!より悪質に!劇場型勧誘による詐欺的儲け話の最近の手口−(2012年10月4日)
次々出てくる換金困難な外国通貨の取引トラブル!−新たにコンゴ、シリア、イエメン、ウズベキスタンの通貨が…−(2012年9月21日)
国民生活センターや国民生活センターの関係者をかたる怪しい電話にご注意!(2011年10月24日)
新手の儲け話、医療機関債の販売勧誘トラブル!(2011年8月25日)
アプリコット合同会社の「温泉付き有料老人ホーム利用権」は契約しないで!(2011年6月24日)
震災に乗じた未公開株の勧誘に注意!−「被災地支援」など震災にかこつけた話にだまされないで−(2011年6月23日)
被災者支援などを名目とした「温泉付き有料老人ホームの利用権」の買い取り等の勧誘に御注意ください(2011年4月28日)
急増している「水資源の権利」と称する新手の投資取引のトラブル!(2011年3月3日)
複雑・巧妙化するファンドへの出資契約トラブル−プロ向け(届出業務)のファンドが劇場型勧誘によって消費者に販売されるケースも−(2011年2月24日)
絶対に耳を貸さない、手を出さない!未公開株や社債のあやしい儲け話(2011年2月17日)
国民生活センターを名乗り被害救済の調査をかたる電話に再度、ご注意!(2011年1月14日)
ワールド・リソースコミュニケーションの自社社債に関する消費者トラブルの現状について(2010年10月29日)
換金性の乏しい外国通貨の取引にご注意!−イラクディナールに続き、今度はスーダンポンド…−(2010年9月24日)
イラク通貨(イラクディナール)の取引に要注意!−高齢者等をねらった新手の投資トラブル−(2010年6月24日)
国民生活センターを名乗り被害救済の調査をかたる電話にご注意!(2010年6月9日)
商号変更後・会社解散後も旧社名で社債を発行する業者−アフリカントラスト、アフリカンパートナー名の社債には手を出さないで−(2010年3月17日)
国民生活センターをかたる未公開株の電話にご注意(2009年12月3日)
見知らぬ業者からの「怪しい社債」の勧誘に耳を貸さないで!(2009年11月18日)
未公開株のトラブルが再び増加−「劇場型」「被害回復型」など新たな手口が次々登場−(2009年9月15日)
相談急増「ロコ・ロンドン取引」−「勧誘されてもかかわらない」「絶対にお金を預けない」−(2008年5月27日)
怪しい「出資」の被害が続出!−「配当金が支払われない」「出資金が返還されない」−(2007年6月20日)
大学生の間に広がる未公開株のトラブル−新入生もご用心−(2007年5月9日)
新手の投資話「ロコ・ロンドン金」に注意!(2007年1月12日)
未公開株をめぐる苦情相談が急増(2006年4月6日)
見守り情報
バイナリーオプション取引 海外業者とのトラブルが急増(2014年12月17日)
話題の出来事を悪用!iPS細胞をかたる詐欺的勧誘に注意(2014年9月12日)
取材を装って被害回復をうたう手口に注意(2014年5月29日)
大手企業の名前を悪用!買え買え詐欺に注意!(2014年4月8日)
届出業者だから安心?「プロ向けファンド」のトラブルに注意(2014年1月21日)
「東京オリンピック」を悪用した詐欺的トラブルに注意!(2013年11月8日)
「話題の新事業」のもうけ話?買え買え詐欺に注意!(2013年5月14日)
現金は宅配便で送れ!?買え買え詐欺に気をつけて!(2013年4月1日)
「国民生活センターから大切なお知らせ」という手紙はニセモノです!(2013年1月18日)
申し込むだけで謝礼!?「買え買え詐欺」に注意!(2012年10月9日)
今度はシリア!?まだ続く外国通貨取引の劇場型勧誘トラブル(2012年9月21日)
新手のもうけ話!医療機関債のトラブル(2011年8月29日)
イラクの次はスーダン!外国通貨の投資トラブル(2010年9月24日)
アフリカントラスト、アフリカンパートナーの社債に手を出すな!(2010年3月18日)
金融庁の「お墨付き」と思わせ、未公開株を買わせる!(2009年9月16日)
「買い取りのサクラ」で投資欲をあおる転換社債!(2009年7月13日)
相談事例と解決結果
知人からの勧誘で購入した仮想通貨(2017年9月27日)
劇場型勧誘による仮想通貨のトラブル(2017年1月30日)
高齢者をねらうロコ・ロンドン金取引業者(2008年3月21日)
「上場間近で必ず儲かる」と勧誘された未公開株(2006年2月15日)
メールでよくある情報提供と回答
もうかると言われたのにもうからないバイナリーオプション取引(2016年10月26日)
各種相談の件数や傾向
未公開株・怪しい社債
劇場型勧誘
ファンド型投資商品
消費者問題の判例集
L&Gによるマルチ商法的な巨額詐欺事件における上位会員の不法行為責任(2017年4月21日)
ロコ・ロンドン貴金属取引の違法性(2009年7月17日)
未公開株の詐欺的商法(2009年5月8日)

注目テーマトップページへ

ページトップへ