[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 注目テーマ > 被災生活で事故に遭わないために−過去の商品テスト結果からのアドバイス−

[2011年4月13日:更新]
[2011年3月29日:公表]

被災生活で事故に遭わないために−過去の商品テスト結果からのアドバイス−

 被災生活で使うことがある燃焼器具などで事故に遭わないよう、国民生活センターが過去に実施した商品テストの中から注意が必要な点をまとめました。


キャンプ用品(ランプ、コンロ)の給油時の引火やガスカートリッジの爆発に注意

 電灯やコンロの代わりにランプ(ランタン)やコンロ(クッキングストーブ)といったキャンプ用品を使用するときは、(1)ガソリンなどの液体燃料をタンクに給油する際の引火、(2)大きな鉄板の使用などによるガスカートリッジ(カセットボンベ)の加熱による爆発、(3)キャンプ用ストーブの短く強い炎で、アルミニウム鍋が局部的に加熱されて底が抜ける(空焚きした場合)、などの事故に注意しましょう。

  • キャンプ用品の商品テスト結果(1993年6月7日公表)

ゼリー状着火剤の使い方を間違えると引火や爆発などの事故になることも

 ガスや電気が使えないときに、着火剤を利用して火をおこしたりする際は、(1)キャップを開けたままで火の近くに置いたときの引火、(2)チューブ入り着火剤の「つぎたし」やパック入り着火剤を火中へ投げ込んだときの引火や爆発、(3)室内や換気の悪い場所で使用したときの揮発したガスの吸い込みよる中毒、などの事故に注意しましょう。

石油や木炭利用の暖房器具から出る一酸化炭素などによる中毒に注意

 石油ファンヒーターを使うと、比較的短い時間で二酸化炭素の濃度が上昇して空気が汚れるほか、一酸化炭素濃度が上昇する場合もあり、窒素酸化物による気管支が弱い人や子どもへの悪影響も考えられます。また、木炭を室内で使用すると短時間で一酸化炭素が致死濃度まで上昇することがあり危険です。石油ストーブも含め、使うときは定期的に十分な換気をしましょう。なお、原発事故による放射性物質の拡散で、窓等をあけられないときは、これらの暖房器具の使用は避けましょう。

水槽用ヒーターの空焚きによる火災に注意!

 1995年に発生した阪神・淡路大震災の際に、水槽が転倒するなどによって、ヒーターが水中から露出してしまい、空焚き状態になり火災に至るなど、水槽用ヒーターが原因の火災は、電気ストーブの19件に次いで、15件発生したと報告されています。実際、放置した空焚き状態の水槽用ヒーターを新聞に触れた状態にすると、新聞紙が焦げ、発火することがありました。

 地震や余震などで水槽が転倒してしまったときには、プラグをコンセントから必ず抜いください。また、壊れた電気製品なども同様の措置をして火災にならないようにしましょう。

ガリレオ温度計の破損による化学やけどに注意

 ガリレオ温度計は、透明なガラスの中に色とりどりの球が浮いており、球の浮き沈みで気温を計るもので、インテリアや贈答品として自宅にある方も多いでしょう。

 ガリレオ温度計の多くは、シリンダー内の透明な液体に石油系ドライクリーニング溶剤や灯油にも含まれている成分が含まれています。これらの液体が数時間程度皮膚や衣服に付いたままにしておくと、接触した皮膚の部分に化学やけどを起こす危険性があります。

 地震等で転倒・落下したガリレオ温度計が割れ、中の液体が皮膚についてしまったら、十分な流水ですぐに洗い流しましょう。もし衣服にかかった場合は、速やかにかかった衣服を脱ぎ、十分な流水ですぐに洗い流しましょう。また、必要に応じて医療機関を受診してください。


ガリレオ温度計の外観
ガリレオ温度計の外観

注目テーマトップページへ

ページトップへ