[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 注目テーマ > ロト6などの数字選択式宝くじの当選番号詐欺にご注意ください!

[2014年5月29日:更新]
[2013年11月26日:公表]

ロト6などの数字選択式宝くじの当選番号詐欺にご注意ください!

 ロト6などの数字選択式宝くじの当選番号を事前に教えてもらうのと引き換えに、高額な情報料や預託金を支払わされたが、連絡が取れなくなったといった相談が寄せられています。

 ロト6などの宝くじの抽選は、毎週月曜から金曜の18時45分から行われ、インターネットで生中継されます。抽選結果が翌朝の新聞に掲載されるまでの時間差を利用して消費者をだますのが、この詐欺の手口です。抽選結果は、抽選後すぐにインターネットに掲載され誰でも確認できますが、詐欺業者は、そのことを知らない消費者に対して、あたかもまだ発表されていない当選番号が事前に入手できるかのように思い込ませてお金をだまし取ります。

 インターネットを利用しない高齢者を中心に相談が増加しています。十分ご注意ください。


相談事例

【事例1】
数字選択式宝くじの当選情報案内をしていると電話があった。新聞に当選番号が発表される前夜7時ごろ、電話で当選番号を教えてくれた。全て当たっており大手銀行のグループ会社と言われたこともあって信用してしまった。情報料を払えば2等の当選番号を教えると言われたので、孫の教育費が得られると思い、1カ月分の情報料375万円を友人や親戚に借金をして、2回に分けて宅配便で業者に送った。その際封書に「書籍」と書いた。
その後業者から2度情報提供を受けたが1度目は当選番号が盗まれたという理由で教えてもらえず、2度目は当選番号とは全く関係ない数字だった。翌日お金を送った業者の住所を訪ねたが、私書箱となっているだけで、だまされていたことが分かった。返金してほしい。
(2013年9月受付 70歳代 女性 無職)
【事例2】
突然、「会員になれば、ロト6の当選番号を事前に教える」という電話がかかってきた。「当選番号を言うから、明日新聞で確認してみて」と言われ、翌朝の新聞を見たところ、当たっていたので、すっかり信用してしまった。会員になるため、審査費用1万円を指定口座に振り込み、「宝くじが当たったら」という将来の夢を書いた作文を保険証のコピーと一緒にファクスで送った。後日、合格の連絡の際に、情報料として350万円かかると聞き、あまりに高額だったので不安になった。払っても大丈夫だろうか。
(2013年2月受付 60歳代 男性 給与生活者)
【事例3】
電話で「数字選択式宝くじの振興のために行っている。メンバーになれば当選番号を事前に入手し教える」と言われた。そんなことが可能なのかと聞いたら、「当選番号が記載された出玉にICチップを埋め込み、当方の意のままに出玉を調整できる」と言われた。
知らない会社からだったが、会社名が大手通販会社と類似していたため、信用してしまった。「メンバーになるには預託金が必要」と言われ、指示された私書箱宛に1000万円を送付した。その後、当該事業者に連絡しても、電話には誰も出ない。だまされたと思うので返金してほしい。
(2013年4月受付 70歳代 男性 無職)

消費者へのアドバイス

宝くじの当選番号が事前に分かることはありません

宝くじの抽選は厳正、公正に行われており、抽選を操ることや、抽選結果が事前に分かることは、絶対にありません。

このような勧誘の電話はすぐに切ってください

宝くじの当選番号が事前に分かるという電話は詐欺ですので、話を聞かずに電話を切ってください。また、お金は絶対に払わないでください。

不安なときは、お金を払う前に相談してください

不安なときや、困ったときは、お金を支払う前に家族やお住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。

日頃から家族や身近な人による高齢者への見守りが大切です

トラブルにあっている方の多くが高齢者です。高齢者の消費者トラブルの未然防止や被害拡大の防止のためには、家族や身近な人の協力が不可欠です。日頃から家族やホームヘルパーなどの身近な人が本人の様子や居室、居宅の変化などに気をつける必要があります。

国民生活センターの関連する公表資料

発表情報
「当選番号を事前に教えてあげる」はあり得ない!ロト6などの数字選択式宝くじの当選番号詐欺が急増(2014年5月29日)
見守り情報
「ロト6の当選番号を教えます」は詐欺!!(2013年10月11日)

本件連絡先 相談情報部
ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。


注目テーマトップページへ

ページトップへ