[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 注目テーマ > 着物等のレンタルトラブル

[2018年1月10日:公表]

着物等のレンタルトラブル

 着物等のレンタル契約について、使用するのは2年近く先なのに契約時に全額入金を求められた、法外なキャンセル料を請求された、事業者と連絡がつかない、などの相談が消費生活センター等に寄せられています。

 そこで、契約をする際のポイントをまとめました。

 また、事業者と連絡がつかないなど、お困りの際には、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。


注意すべきポイント

 「今だけのお得なキャンペーン」「期間限定の特典」などと業者から契約をすすめられることがあります。しかし、「これを着る!」と決めることは同時に、「これ以外は着ない!」と決めることでもあります。トラブルを避けるためにも、迷っているうちは契約しないことや、契約前に十分な情報を集めることが大切です。以下の点を注意しましょう。

(1)レンタルされる商品の内容
衣装のほか小物を含め、何が「レンタルされる商品」に含まれるのか。
(2)レンタル以外のサービスの内容
着付けや写真撮影など、どんなサービスがあるのか。
(3)料金
上記(1)(2)の「何」に対して「いくら」支払うのか。
(4)レンタルの期間
貸出日と返却日
(5)契約の成立時期
(6)キャンセル料
「いつ」から、「どのくらい」かかるのか。

 また、契約をせかされてもその場ですぐに判断しないようにしましょう。

国民生活センターの関連情報

メールでよくある情報提供と回答

注目テーマトップページへ

ページトップへ