独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > ライブラリ > 回収・修理、払戻し等 > サンドラッグ「医薬品・食料品等【消費者庁の措置命令に基づく公示】」

ここから本文
[2020年7月25日:公表]

サンドラッグ「医薬品・食料品等【消費者庁の措置命令に基づく公示】」

※以下は、2020年7月25日、新聞の広告欄、当該事業者のホームページに掲載された情報です。

消費者庁による措置命令に関するお知らせ


 弊社は、不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)第7条第1項の規定に基づく消費者庁の措置命令(令和2年6月24日付け)に従い、一般消費者の誤認を排除するため、次のとおり周知いたします。

 お客様をはじめとする関係者の皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけし、誠に申し訳なく、心よりお詫び申しあげます。

 弊社は、弊社が運営する「サンドラッグ」の店舗において、医薬品、食料品等の13商品(以下「本件商品」といいます。)を販売するに当たり、令和元年7月から令和2年1月にかけて配布された日刊新聞紙に折り込んだチラシにおいて、例えば、「伊藤ハム ピザガーデン・マルゲリータ・ベーコンピザ1枚各種」、「★298円の品」、「198円(税込)213円」、「メーカー希望小売価格より33%OFF」及び「★印はメーカー希望小売価格(税抜)の略です。」と表示するなど、実際の販売価格に当該価格を上回る「★」との記号を付した「メーカー希望小売価格」と称する価格若しくはメーカー希望小売価格からの割引率又はその両方を併記することにより、あたかも、本件商品にはメーカー希望小売価格が設定されており、実際の販売価格が当該メーカー希望小売価格に比して安いかのように表示若しくは当該メーカー希望小売価格から表示された率を割り引いて当該商品を販売するかのように表示又はその両方を表示していましたが、実際には、本件商品にはメーカー希望小売価格は設定されていませんでした。これらの表示は、本件商品の取引条件について、実際のものよりも取引の相手方に著しく有利であると一般消費者に誤認される表示であり、景品表示法に違反するものでした。

 本件に至った原因は、(1)過去存在したメーカー希望小売価格(定価)が廃止されたことに気付かずそのまま掲載したこと、(2)商品参考売価を『定価』と誤った認識で管理していたこと等商品情報管理に付随したメンテナンス不備によるものです。

 弊社は、措置命令を真摯に受け止め、今年4月より、データメンテナンスの定期的実施及びその管理の徹底強化を図るとともに、折込みチラシへのメーカー希望小売価格掲載を既にとりやめ、景品表示法等、社内研修内容を改善のうえ更なる指導強化を図り、再発防止に努めております。

 今後も引き続き、ご支援を賜りますようお願い申しあげます。

 令和2年7月25日

東京都府中市若松町1丁目38番地の1
株式会社サンドラッグ

本件に関する問合せ

  • お客様相談室 0120−474−193
  • 受付時間 土曜日曜祝日除く 平日10時〜19時
  • インターネット https://www.sundrug.co.jp/

この情報は、被害を未然に防止することを目的に提供しているものです。
目的を達したと判断された段階で順次、削除します。