独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > ライブラリ > 回収・修理、払戻し等 > キュラーズ「収納スペースの賃貸サービス【消費者庁の措置命令に基づく公示】」

ここから本文
[2020年2月8日:公表]

キュラーズ「収納スペースの賃貸サービス【消費者庁の措置命令に基づく公示】」

※以下は、2020年2月8日、新聞の広告欄、当該事業者のホームページに掲載された情報です。

消費者庁の措置命令についてのご報告とお詫び


平素は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

この度、弊社は、景品表示法第7条第1項の規定に基づく消費者庁の措置命令(令和2年1月17日付)に従い、一般消費者の誤認を排除するため、次のとおり周知いたします。弊社は、「キュラーズ勝どき・月島店」(以下「本件店舗」という。)において供給する「収納ユニット」と称する収納スペースの賃貸サービス(以下「本件役務」という。)について、平成31年2月20日から令和元年7月31日までの間及び令和元年8月26日から同年10月15日までの間、弊社ウェブサイト内の本件店舗に係るウェブページにおいて、例えば、「3ヶ月間30%OFF(お問合せ期限:2/28まで)」等と表示することなどにより、あたかも、表示された期限までに、本件店舗に対し、本件役務の提供について問い合わせて新規に本件役務の提供を申し込んだ場合に限り、利用開始月の翌々月からの3か月間、「定価」と称する価格から30%割り引いた価格で本件役務を提供するかのように表示していました。

しかし、実際には、表示された期限を経過した後に本件役務の提供について問い合わせて申し込んだ場合であっても、利用開始月の翌々月からの3か月間、「定価」と称する価格から30%割り引いた価格で本件役務の提供を受けることができるものでした。これらの表示は、本件役務の取引条件について、実際のものよりも取引の相手方に著しく有利であると一般消費者に誤認される表示であり、景品表示法に違反するものでした。本件によりお客様をはじめとする、関係各位に多大なるご迷惑をおかけいたしましたこと、心より深くお詫び申し上げます。弊社は、今回の消費者庁の措置命令を真摯に受け止め、十分な再発防止措置を講じ、管理体制の一層の強化に努めてまいる所存です。

 令和2年2月8日

株式会社キュラーズ
代表取締役 ステファン・ジョセフ・スポーン


この情報は、被害を未然に防止することを目的に提供しているものです。
目的を達したと判断された段階で順次、削除します。