独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > ライブラリ > 回収・修理、払戻し等 > レミスティック東京「小顔矯正施術【消費者庁の措置命令に基づく公示】」

ここから本文
[2018年6月22日:公表]

レミスティック東京「小顔矯正施術【消費者庁の措置命令に基づく公示】」

※以下は、2018年6月22日、新聞の広告欄、当該事業者のホームページに掲載された情報です。

お詫びとお知らせ


 平素は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

 当店は、平成28年6月29日、消費者庁より不当景品類及び不当表示防止法(以下「景品表示法」といいます。)第5条第1号に違反するものとして、同法第7条第1項に基づく措置命令を受けましたので、同命令に従い、次のとおり周知致します。

 当店では、小顔矯正の施術を一般消費者に提供するにあたり、例えば、平成27年7月7日から平成28年1月29日までの間、当店のウェブサイトにおいて、「小顔矯正・頭蓋骨矯正」、「●施術の表記 頬骨だけの矯正でも頭蓋全体を矯正するのが本来なので、頭蓋全体矯正と表記 ※特にエラの矯正は頭蓋全体の矯正が必要な矯正です」、「●施術、矯正後 頭蓋全体を複雑に矯正しながら、ねじれを取る矯正方法で、矯正後に元に戻らないと好評」等と記載することにより、あたかも、当店が提供する小顔矯正の施術を受けることで、頭蓋骨の歪やずれが矯正されることにより、小顔になり、かつ、それが持続するかのように示す表示をしておりました。

 かかる表示について、景品表示法第7条2項の規定に基づく消費者庁からの求めに従い、資料を提出しましたが、当該資料は当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示すものとは認められないと判断されました。このため当該表示は、当店の小顔矯正施術について、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であるとみなされ、景品表示法に違反するものとして、措置命令を受けました。

 今後、当店の提供している施術の広告表示について、同様の指摘を受けることがないよう適正化を図り、再発防止に必要な措置を講じる所存です。

 何卒、ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 平成30年6月22日

レミスティック東京 安井 基喜


この情報は、被害を未然に防止することを目的に提供しているものです。
目的を達したと判断された段階で順次、削除します。