独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > ライブラリ > 回収・修理、払戻し等 > 東レ「ポット型浄水器【消費者庁の措置命令に基づく公示】」

ここから本文
[2018年2月23日:公表]

東レ「ポット型浄水器【消費者庁の措置命令に基づく公示】」

※以下は、2018年2月23日、新聞の広告欄、当該事業者のホームページに掲載された情報です。

お詫びとお知らせ


 平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

 弊社は、景品表示法に基づく消費者庁の措置命令(平成30年2月1日付)に従い、一般消費者の誤認を排除するため、次の通り周知いたします。

 弊社は、遅くとも平成29年3月頃以降、「トレビーノPT302F」と称するポット型浄水器(以下「本件ポット型浄水器」という。)を販売する商品の箱(以下「本体箱」という。)に、交換用カートリッジ3個を同梱した箱(以下「カートリッジ箱」という。)を接着させ、2つの箱を一体化させた本件商品を一般消費者に販売するに当たり、本件商品の商品パッケージの天面にあっては、本体箱に「カートリッジ1個付」と記載するとともに、カートリッジ箱に「カートリッジ4個入」と記載し、また、本件商品の商品パッケージの前面にあっては、本体箱にカートリッジ1個が装着された本件ポット型浄水器の写真を掲載するとともに、カートリッジ箱に「カートリッジ4個入」と記載することにより、あたかも、本件商品は、カートリッジが合計5個入りであるかのように表示しておりました。

 しかしながら、実際には、本件商品は、カートリッジが本体箱に1個、カートリッジ箱に3個の合計4個入りでありました。

 当該表示は、本件商品の取引条件について実際のものよりも取引の相手方に著しく有利であると一般消費者に誤認される表示であり、景品表示法に違反するものでした。お客様をはじめ、関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

 今回の措置命令を真摯に受け止め、消費者の皆様によりわかりやすい表現に努めるとともに、研修等による景品表示法の正確な理解と社内徹底を推進して、再発を防止し、信頼の回復に努めてまいります。

 何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 平成30年2月23日

東レ株式会社

本件のお問い合わせ先

トレビーノ サービスセンター
フリーダイヤル 0120−32−4192


この情報は、被害を未然に防止することを目的に提供しているものです。
目的を達したと判断された段階で順次、削除します。