独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > ライブラリ > 回収・修理、払戻し等 > ゆうちょ銀行「郵便貯金【満期後20年経過貯金の権利消滅】」

ここから本文
[2016年8月4日:更新]
[2013年3月26日:公表]

ゆうちょ銀行「郵便貯金【満期後20年経過貯金の権利消滅】」

※以下は、2013年3月26日、新聞の広告欄、当該事業者のホームページに掲載された情報です。

ゆうちょ銀行からの大切なお知らせ
民営化前(平成19年9月30日まで)に郵便貯金を
お預け入れくださったお客さまへ


長期間ご利用のない通帳・証書はございませんか
長期間ご利用のない通常郵便貯金通帳や定額・定期郵便貯金証書はございませんか。お心当たりがおありの方は、通帳や証書をご確認のうえ、お早めにお手続きをお願いします。
お手続きをお願いする通知をお送りしています
長期間ご利用のない郵便貯金について、払戻し等のお手続きを行っていただくよう、お願いする通知をお送りしています。通知を受け取られたお客さまは、お早めに郵便局の貯金窓口またはゆうちょ銀行にご相談ください。
権利消滅のご注意
民営化前にお預け入れくださった定額・定期・積立郵便貯金等については旧郵便貯金法の規定が適用され、満期となった日から20年を経過した時にご案内をお送りし、その後2か月以内に払戻しされませんとお客さまの権利が消滅します。
(郵便貯金払戻証書は、発行日から3年6か月を経過しますと権利が消滅しますので、ご注意ください)通常郵便貯金については、民営化前に権利消滅したものを除き、旧郵便貯金法の規定による権利消滅の対象とはなりません。
通帳や証書が見当たらない場合
『預けている郵便貯金があるはずだが、通帳や証書を紛失して、口座番号等も分からない』場合は、最初に預入した郵便局、お預け時期、金額などお分かりの範囲内で郵便局の貯金窓口またはゆうちょ銀行にお申し出いただき、ご相談ください。該当の郵便貯金の有無等をお調べいたします。
  • ※定額・定期郵便貯金の満期日経過後は、通常郵便貯金の利率を適用してお預かりしています。
  • ※民営化前にお預け入れくださった自動継続扱いの定期郵便貯金は、民営化に伴い、自動継続の取扱いが廃止され、平成19年10月1日以降の預入期間満了日の翌日(預入の日の応当日)に、通常郵便貯金となりました。

今後とも郵便局・ゆうちょ銀行をご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます

株式会社 ゆうちょ銀行 〒100−8798 東京都千代田区霞が関1丁目3番2号
※株式会社ゆうちょ銀行は、独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構から、郵便貯金管理業務の委託を受けております。

ご不明な点、お問い合わせはゆうちょコールセンターに。

ゆうちょコールセンター

0120−108420[通話料無料]
(平日)8時30分〜21時
(土曜・日曜・休日)9時〜17時

  • *携帯電話・PHS等からも通話料無料でご利用いただけます。
  • *IP電話等一部ご利用いただけない場合があります。

※本件に関連する情報
2016年8月4日 掲載文
2016年3月2日 掲載文
2015年2月24日 掲載文
2015年2月19日 掲載文
2014年2月18日 掲載文
2013年8月8日 掲載文
2013年3月12日 掲載文
2013年2月19日 掲載文
2012年2月14日 掲載文
2011年11月15日 掲載文


この情報は、被害を未然に防止することを目的に提供しているものです。
目的を達したと判断された段階で順次、削除します。