[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 商品テスト・回収情報 > 回収・無償修理等の情報 > 回収・無償修理等の情報(物品以外) > コロナ「石油ストーブ【使用上の注意及び無償点検・修理】」

[2011年9月27日:更新]
[2008年9月18日:公表]

コロナ「石油ストーブ【使用上の注意及び無償点検・修理】」

※以下は、2008年9月18日、新聞の広告欄に掲載された情報です。

コロナ石油ストーブをご愛用の皆様へ
使用上の注意及び一部製品の点検・修理について


 昨年来お願いしておりますが、石油ストーブを安全にご使用いただくために下記注意事項を、都度ご確認の上ご使用くださいますようお願い申し上げます。

 ご使用に際し、「よごれま栓タンク」の給油口は、給油後確実にロックし、先端を指で持ち上げて開かないことを確認してください。

 平成20年9月18日

株式会社 コロナ

注意事項

給油時消火
●給油は、必ず消火し、火が消えたことを確かめてからおこなってください。火災のおそれがあります。


油もれ危険
●給油後、油タンクの給油口を確実にロックし、開かないことを確認してください。
●給油後は、給油口を下にして油もれのないことを確認してからストーブにセットしてください。

  1. (1)確実にロック
    「パチン」と音がするまで強く押す
    給油口をロックする図
  2. (2)ロックの確認
    ロック確認方法の図
    給油口をしめたあと、先端を指で持ち上げ、開かないことを確認してください。

 特に、2000年製(平成12年製)以前の古いストーブの「よごれま栓タンク」の一部において、確実にロックするまで押さず、ロックの確認をおこなわなかった場合、給油口がロックされたと誤認し、取扱い中不意に給油口が開き、油がこぼれるなど、火災に至るおそれがあります。
 対象製品をご使用のお客様は、油タンクの点検・修理をさせていただきますので、フリーダイヤルまでご連絡お願い致します。


製造年は本体右側側面の下側に表示 対象製品の製造年は1996年製(96年製と表記)〜2000年製(00年製と表記)及び製造年表示のないもの

お客様相談窓口

フリーダイヤル 0120−623−238
※受付時間 午前9時〜午後5時
(土曜・日曜・祝日を除く。但し、9月中は土曜・日曜・祝日も受付します。)

ホームページ http://www.corona.co.jp/


※本件に関連する情報
2011年9月27日 掲載文
2008年2月20日 掲載文
2007年12月13日 掲載文


この情報は、被害を未然に防止することを目的に提供しているものです。
目的を達したと判断された段階で順次、削除します。

回収・無償修理等の情報トップページへ

ページトップへ