[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 破産した内職商法業者「NMS」(旧「ライフプランナー」及び「ベンチャープロデューサー」)と契約した方へ

[2004年1月20日:公表]

破産した内職商法業者「NMS」(旧「ライフプランナー」及び「ベンチャープロデューサー」)と契約した方へ

 当該業者は、「ライフプランナー」と「ベンチャープロデューサー」が合併した会社です。パソコンを使用してデータ入力や会計業務などの在宅業務を斡旋するので収入が得られると勧誘をし、パソコンやパソコン教材、行政書士の資格取得用教材などを販売していました。

 当該業者は平成16年1月19日、東京地方裁判所民事第20部において破産宣告を受け、破産管財人が選任されました。当該業者の資産からの配当は、破産管財人によって行われます。


破産管財人

破産管財人は下記の通りです。

破産管財人  桑島 英美 弁護士
〒 100−0014
東京都千代田区永田町2丁目13番10号 プルデンシャルタワー9階
 新東京法律事務所
 電話  03−3500−1182

債権届出期間 平成16年2月27日(金)まで

 すでに管財人の手元にある、債権者リストに名前のある人に対しては、1月19日から1週間程度の間に裁判所から破産宣告の通知と管財人からの案内文が届くことになっています。

 管財人によると、現在破産債権の配当のための財源が見込めず、債権者に対する配当は行えない見込みということです。そのため、債権者には債権届出に関する費用と労力を省くため、破産債権届出用紙は送付されません。万一、今後配当の可能性が出てきた場合には、その時点で管財人から連絡が入ることになります。

 1週間程待って、通知文が届かない場合には、債権者リストから名前が漏れている場合がありますので、上記管財人に連絡をしてください。また、現段階でも破産債権の届出を希望する場合には、管財人に申し出てください。



消費生活センターにご相談を

なお、ご相談については最寄りの消費生活センターをご利用ください。



発表情報トップページへ

ページトップへ