[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 「東亜保険株式会社」を名乗る業者に注意!!

[2008年5月29日:公表]

「東亜保険株式会社」を名乗る業者に注意!!

 「全く身に覚えのない『東亜保険株式会社』を名乗るところから、家をリフォームしたときに掛けていた保険が満期になったとの電話があった。数日後、当該保険会社から郵便物が届き、銀行口座の開設申込書が入っていた。満期金を受け取るために銀行口座の開設が必要で、口座開設申込書を記入する前に担当者まで連絡するようにとの記載があった。相談者はこのような保険を掛けた覚えがないと言っていること、また、口座開設申込書を記入する前に連絡をさせようとするなど、不審な点が複数ある」という情報が、消費生活センターから国民生活センターに2件寄せられた。

 当センターで、金融庁のホームページ「免許・許可・登録等を受けている業者一覧」から「東亜保険株式会社」について確認したところ、保険業法上の免許を取得している業者ではなかった。

 現時点では、いわゆる架空請求のような金銭的要求はないが、銀行の口座開設申込書を同封していることから、相談者の個人情報の収集が目的だと考えられる。さらに、今後、銀行口座の開設申込書を悪用される可能性もあり得る。当該業者へは絶対に連絡を取らないこと、書面等を返送しないよう、注意が必要である。


参考:保険業法

(商号又は名称)
第7条2項  保険会社でない者は、その商号又は名称中に保険会社であると誤認されるおそれのある文字を用いてはならない。
第335条  次の各号のいずれかに該当する者は、百万円以下の過料に処する。
一  第七条第二項の規定に違反した者(以下省略)


<参考1:東亜保険株式会社から相談者に送付された文書>
東亜保険株式会社から相談者に送付された文書1

東亜保険株式会社から相談者に送付された文書2


<参考2:同封されていた銀行口座開設申込書>
同封されていた銀行口座開設申込書


発表情報トップページへ

ページトップへ