[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 株式会社NOVAが会社更生法の適用を受けた件について

[2007年12月28日:更新]
[2007年11月2日:公表]

株式会社NOVAが会社更生法の適用を受けた件について

 (株)NOVAは2007年10月25日、会社更生法の適用を大阪地方裁判所に申請し、10月26日、保全命令を受けました。ご参考までに下記のように(株)NOVAに関する情報をお知らせいたします。

  • NOVAは保全命令を受けたことにより全教室でレッスンの提供を停止しました。
  • 保全管理人に東畠敏明弁護士(大阪市北区西天満4−7−1、電話 06−6365−7778)、*橋(たかはし)典明弁護士(大阪市北区西天満1−10−14、電話 06−6366−0015)の2名が選任されました。
      注:*は、「はしごたか」です。
  • 保全管理人の連絡先は次の通りです
      お問い合せFAX番号 06−6649−9790
      お問い合せ先住所 大阪市中央区西心斎橋二丁目3番2号
                         御堂筋南ビル 4階

  • 消費生活センター等には消費者の方から「すでに解約手続きが済んだがまだ返金されない。どうしたらよいか」という相談が多数、寄せられています。保全命令が下りたので、弁済・借財は禁止されています。
  • 受講料をクレジット契約で支払い途中の場合は、信販会社に支払い停止の抗弁書を送付することをお勧めします。
  • 信販会社の多くは抗弁を認め、一時、請求を止める手続きを行っています。
  • 信販会社によってはNOVAが会社更生の申請を行って以降に引落とされた10月分のクレジット代金を返金することを検討しています。詳しくはご契約の信販会社にお問い合わせください。

関連情報



発表情報トップページへ

ページトップへ