独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 遮光等級が店頭表示と異なった遮光カーテン(相談解決のためのテストから No.131)

ここから本文
[2019年3月14日:公表]

遮光等級が店頭表示と異なった遮光カーテン(相談解決のためのテストから No.131)

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

 消費生活センター等の依頼に基づいて実施した商品テスト結果をご紹介します。

 「遮光2級と言われて購入したカーテンを使用したところ、部屋の中に光が入り、明るく感じる。性能に問題がないか調べてほしい。」という依頼を受けました。

 当該品は、オーダーメードで購入した小窓用の遮光カーテンです。相談者によると、当該品は店頭において「遮光2級」と表示され販売されていました。

 当該品について、照度計を用いて遮光率の測定を行ったところ、遮光率は99.60%で、これは、遮光3級に該当しました。

 依頼センターよりテスト結果を事業者に説明したところ、相談者に購入金額が返金されました。また、当該品の販売を中止するとのことでした。


本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について