[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 送り付け商法、今度は違法なアダルトDVDが消費者のもとに…−申し込んだ覚えがなければ代金を支払わないこと!!−

[2014年7月14日:公表]

送り付け商法、今度は違法なアダルトDVDが消費者のもとに…−申し込んだ覚えがなければ代金を支払わないこと!!−

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

 申し込みもしていない消費者に対して、アダルトDVDを送付し、後日、約60万円の費用を支払うようにという請求書を送付する手口に関する相談が、全国の消費生活センターに複数寄せられている。主に30歳代から60歳代までの男性がトラブルに遭っている。

 国民生活センターで消費者に送り付けられたDVDを確認したところ、消費者の申し出どおり、モザイク処理等の修正がほどこされていないアダルトDVDであった。このようなアダルトDVDの販売は刑法のわいせつ物頒布等の罪(同法175条)に抵触する可能性がある。

 このように注文していない、違法性の高い商品を送り付けて代金の支払いを求める手法は、非常に悪質である。そこで、トラブルの未然防止のため、相談事例等を紹介して消費者に注意を呼びかけるとともに、関係省庁に情報提供する。

図1 消費者のもとに送付されてきたDVD
簡易なケースに入った表面に何も記載がないDVDの写真。


相談事例

【事例1】
送り付けられたアダルトDVDの代金約60万円を請求された
【事例2】
アダルトDVDと「クーリング・オフできない」と書かれた請求書が届いた
【事例3】
アダルトDVDが送られてきた後「代金を払え」と執拗(しつよう)に電話がかかってきた


消費者へのアドバイス

  1. 注文していないのであれば代金を支払う必要はない
  2. 業者に連絡をとらないこと
  3. アダルトDVDを送り付けられたり、困ったときには消費生活センターや警察に相談を


情報提供先

  • 消費者庁 消費者政策課
  • 消費者庁 取引対策課
  • 内閣府 消費者委員会事務局
  • 警察庁 生活安全局 保安課
  • 警察庁 生活安全局 生活経済対策管理官



本件連絡先 相談情報部
ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ