[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > さわった指に苦味がした樹脂製の玩具(相談解決のためのテストから No.71)

[2014年7月3日:公表]

さわった指に苦味がした樹脂製の玩具(相談解決のためのテストから No.71)

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

消費生活センター等の依頼に基づいて実施した商品テスト結果をご紹介します。

 「樹脂製の玩具で遊んでいた子どもが、玩具に触れた指をなめたら苦味がした。商品に問題がないか調べてほしい。」という依頼を受けました。

 商品に触れた際に手指に移行する可能性のある成分を調べたところ、一般的に光安定剤として使用され、表面の保護や変退色防止に効果があるとされる成分が含まれていました。

 「おもちゃ又はその原材料」については、子どもが触れたりなめたりした際に、有害成分が溶出して健康を害することのないよう食品衛生法に規格が設けられていますが、当該商品の未使用品について調べたところ、問題はみられませんでした。

 テスト結果の報告を受けた依頼センターのあっせんにより、相談者には別の商品が提供されました。また、商品については、苦味の原因と考えられた光安定剤を素材から除く改善がなされました。



本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ