[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 洗濯してもにおいが取れなかった子ども用パジャマ(相談解決のためのテストから No.64)

[2014年3月6日:公表]

洗濯してもにおいが取れなかった子ども用パジャマ(相談解決のためのテストから No.64)

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

消費生活センター等の依頼に基づいて実施した商品テスト結果をご紹介します。

 「購入した子ども用パジャマから臭いがし、5回洗濯してもにおいが消えなかった。商品に問題がないか調べてほしい。」という依頼を受けました。

 当該商品について放散される成分を調べたところ、染料の原料や製造工程で使用された化学物質に由来すると考えられる成分が検出されました。

 次に、においの強さと快・不快についてモニターに評価してもらったところ、においの強さは、感じ方に幅がありましたが、においの快・不快では、においを感じたモニターの約4割が不快またはやや不快であると感じていました。

 放散成分の分析で検出された成分等が、モニターが感じたにおいの原因となっているものと考えられました。

 テスト結果を受けた依頼センターが、においを低減させる対策を要望したところ、事業者から染料がにおいの原因と考えられるが、今後、においを低減できるように努力していきたいとの回答がありました。また、当該商品は相談者が販売店に申し出て返品となり、購入代金が返金されました。



本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ