独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 調理中に発火したトースト用クリーム(相談解決のためのテストから No.42)

ここから本文
[2013年3月21日:公表]

調理中に発火したトースト用クリーム(相談解決のためのテストから No.42)

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

消費生活センター等の依頼に基づいて実施した商品テスト結果をご紹介します。

 「パンにトースト用クリームを塗ってオーブントースターで焼いたところ発火した。発火した原因を調べて欲しい。」という依頼を受けました。

 調査の結果、トースト用クリームの同型品とトースターの同型品を用いてパンを焼いて再現テストを行った結果、2分を越えた頃からクリームが溶けて垂れることがわかりました。また、パンの位置によっては、溶けたクリームが下部ヒーターに垂れて発火しました。さらに、くず受け皿にクリームがたまっている場合、たまったクリームに引火して大きな炎を上げました。

 なお、当該品と同様に塗ってから焼くタイプのクリーム2銘柄について表示を調べた結果、いずれも必ずオーブン皿または、アルミホイルを使用する旨の注意表示がありました。当該品も同様に、オーブン皿やアルミホイルなどでクリームの垂れを防止するように注意表示を記載することが望ましいと考えられました。

 依頼センターから事業者に対しテスト結果の説明を行ったところ、事業者から表示内容を変更するという回答がありました。


本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について