独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 調理中に取っ手が溶けたフライパン(相談解決のためのテストから No.40)

ここから本文
[2013年3月7日:公表]

調理中に取っ手が溶けたフライパン(相談解決のためのテストから No.40)

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

消費生活センター等の依頼に基づいて実施した商品テスト結果をご紹介します。

 「着脱式取っ手のフライパンを購入した。調理中のフライパンに取っ手を取り付けたところ、ゴムの溶けるような臭いがして、取っ手がフライパンにへばりついた。取っ手が溶解した原因を調べてほしい。」という依頼を受けました。

 調査の結果、取っ手が溶解した原因は、取っ手の材料が取扱説明書に表示されているフェノール樹脂とは異なる熱可塑性のポリアミド樹脂であったためと考えられます。事故防止のため表示どおりのフェノール樹脂を使用するなどの対策が望まれました。

 依頼センターから販売者に対しテスト結果の説明を行ったところ、販売者から表示どおりの材料に変更したという回答がありました。


本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について