[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 経口妊娠中絶薬の安易な個人輸入や使用は危険!

[2013年3月7日:公表]

経口妊娠中絶薬の安易な個人輸入や使用は危険!

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

 PIO-NETには、日本国内で承認されていない経口妊娠中絶薬(「ミフェプリストン」あるいは「RU486」)をインターネットの販売サイトから購入した等の相談が複数寄せられている。

 経口妊娠中絶薬は、膣(ちつ)からの出血や重大な感染症等の健康被害を引き起こすおそれがあることから、平成16年に厚生労働省が注意喚起を行い、数量に関係なく、医師の処方または指示書に基づいて必要な手続きを行った場合に限り輸入が可能となるよう、個人輸入が制限されている。また、指定医師以外の者(妊娠中の女子を含む)が堕胎(だたい)する行為は刑法の堕胎の罪に問われるおそれがある。

 医療機関を受診せずに経口妊娠中絶薬を購入、使用することは、法律に抵触するおそれがあるだけでなく、重篤な健康被害につながるおそれもあることから、被害の未然防止のため、消費者へ注意喚起することとした。


主な事例

【事例】安全に中絶を行えるという携帯サイトを見て経口妊娠中絶薬を購入した。
 携帯のインターネット海外サイト日本語版に、手術ではなく中絶できると書かれていた。妊娠49日以内ならば3日間服用するだけで自然流産の状態で安全に中絶を行える等の記載があった。中絶後ケアの抗生物質と止血剤を含む中絶薬セットを注文し代金を振り込んだ。インターネットの書き込み等に危険性が載っていたので購入を取り消したい。


消費者へのアドバイス

経口妊娠中絶薬とされている「ミフェプレックス」「ミフェジン」「息隠」「保諾」(一般名「ミフェプリストン」)を絶対に個人輸入で購入、使用してはいけない。



情報提供先

  • 厚生労働省 雇用均等・児童家庭局 母子保健課
  • 厚生労働省 医薬食品局 監視指導・麻薬対策課
  • 消費者庁 消費者安全課
  • 消費者庁 消費者政策課
  • 消費者委員会事務局
  • 社団法人日本医師会
  • 公益社団法人日本産科婦人科学会
  • 公益社団法人日本産婦人科医会
  • 公益社団法人日本薬剤師会
  • 公益社団法人日本通信販売協会



本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ