[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 運動中にぶつかり目の上にけがをした子ども用の花粉防御用眼鏡(相談解決のためのテストから No.38)

[2013年2月21日:公表]

運動中にぶつかり目の上にけがをした子ども用の花粉防御用眼鏡(相談解決のためのテストから No.38)

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

消費生活センター等の依頼に基づいて実施した商品テスト結果をご紹介します。

 「子ども用の花粉防御用眼鏡をかけて体育を行っていた息子が、友達とぶつかり左目の上を眼鏡の縁で切るけがをした。花粉防御用眼鏡に鋭利なところがないか調べてほしい」という依頼を受けました。

 調査の結果、今回の事故は、当該品をかけていた使用者がぶつかった時に、目の周りの皮膚がフレームの張り出しと骨の間に強い力で挟まれたために起きたものと考えられますが、当該品には危険と言えるような鋭利な部分はありませんでした。しかし、同様の事故防止のため、使用者及びその保護者に対して、フレームによるけがの危険性や、転んだりぶつかったりする可能性の高い運動時などの使用について注意を促すような表示が必要と思われました。

 依頼センターから製造者に対しテスト結果の説明を行ったところ、製造者は「ボールや硬いものがぶつかるとレンズやフレームが破損し、破片で目や顔を負傷する危険があります。強い衝撃が予想されるスポーツや作業等では使用しないで下さい」という内容の注意書きをシールの貼付によって変更、追記するとのことでした。



本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ