[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 飛散防止加工をうたっていながら鏡の破片が飛び散ったスタンドミラー(相談解決のためのテストから No.28)

[2012年9月6日:公表]

飛散防止加工をうたっていながら鏡の破片が飛び散ったスタンドミラー(相談解決のためのテストから No.28)

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

消費生活センター等の依頼に基づいて実施した商品テスト結果をご紹介します。

 「飛散防止加工が施されたスタンドミラーが前に倒れ、細かく割れて破片が飛び散った。商品に問題がないか調べてほしい。」という依頼を受けました。

 当該品は、インターネットで飛散防止加工をうたって通信販売していたスタンドミラーです。木製の枠に目立った破損はありませんでしたが、鏡の上半分が割れて破片が飛び散り欠損していました。飛散した破片や割れ残った鏡などを観察しましたが、通常の鏡の破損状態との違いが見られず、鏡の表面及び裏面には飛散防止加工が施された痕跡はありませんでした。

 そこで、参考として飛散防止加工をうたったスタンドミラー3銘柄(うち2銘柄が当該品と同じ販売店から購入)について転倒試験を行い、破損状態を比較しました。3銘柄のうち2銘柄は転倒しても鏡が割れないか、割れても破片が飛散しませんでしたが、当該品と同じ販売店から購入した1銘柄は、当該品と同様に破片が飛散しました。構造を調べたところ、破片が飛び散らなかった2銘柄については、飛散防止加工として鏡の裏面全体にフィルムが張られていましたが、飛散した1銘柄にはフィルムが張られる等の飛散防止加工は施されていませんでした。

 このテスト結果を受けた依頼センターのあっせんにより、相談者には購入代金が返金されました。また、当該品の銘柄及び、テストで破片が飛散した1銘柄を含む合計6銘柄の購入者全員に対して、販売していた(株)G-DREAMSが、商品を無償で引き取り、代金を返金する旨をメールで通知しました。



本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ