[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 首掛式の乳幼児用浮き輪を使用する際の注意について

[2012年7月27日:公表]

首掛式の乳幼児用浮き輪を使用する際の注意について

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

 本年6月2日、東京都内の住宅で親と入浴中の生後4カ月の乳児が、首掛式の乳幼児用浮き輪(以下「首浮き輪」と呼ぶ。)を使用している際に一時窒息し、救急搬送されました(窒息の原因は不明)。

 これ以外にも、日本小児科学会こどもの生活環境改善委員会が、首浮き輪が外れて乳児が浴槽で溺れた2件の事例を公表しているほか、東京消防庁も同様の事故情報を公表しました。

 いずれも保護者が少しの間、目を離したときに起きています。


主なテスト結果

 独立行政法人国民生活センターでは、首浮き輪の代表的な製品(商品名:スイマーバうきわ首リング)について、使用テストやウェブサイトでの販売店の表示の調査などを行った。

  • 首浮き輪に空気が入っている場合、通常、顔が水中に沈んだり、首浮き輪が外れたりすることはなかったが、条件によってはあごが首浮き輪の穴へ下がることがあった。
  • 首浮き輪の空気が少ない場合、首浮き輪が沈みやすくなったり、さらにベルトを外すと、口や鼻が水に浸かったり、浮き輪が外れたりすることなどがあった。
  • インターネットで当該製品を販売する事業者のウェブサイトの中には、入浴の際、保護者がシャンプーをするときに当該製品が重宝しているなどと掲載したものがあった。


消費者へのアドバイス

 首掛式の乳幼児用浮き輪を使用する際は、空気量が少なくないか、漏れていないか、ベルトが外れていないか、あごがのっているかなどを確認してから使用すること。

 事例を見ると、親と一緒に入浴中、親が洗髪や兄姉の世話をするため目を離した2、3分の間に、溺水などの事故が発生している。入浴の際の便利な商品として認識されている実態があるが、保護者と一緒に入浴して、保護者が洗髪したり他の子どもを洗ったりするなど、子どもから目を離すような場面では絶対に使用しないこと。



事業者への要望

 本製品の日本語公式ガイドやパッケージ等には、「プレスイミング(乳幼児が水に親しむことをいい、一般の水泳ではありません)」用に作られたものであり、「「浮き輪型のスポーツ知育道具」であり「浮き輪」ではありません。」また、「命の維持や溺れることを防止するなど、救命用に作られたものではありません」と記載されている。

 一方、国内では一部のインターネットの販売サイトに、親と一緒に入浴している表示が見られる。また、入浴の際に、短時間ではあるが目を離してしまい、子どもへの注意が離れて溺水などの事故が発生している。

 保護者と一緒に入浴して、保護者が洗髪したり他の子どもを洗ったりするなど、子どもから目を離すような場面では使用しないよう警告表示の徹底を要望する。




本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ