[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今度は“カンボジアの土地使用権”!依然続く劇場型勧誘−「リゾート地」「農地」の投資話にご用心−

[2012年5月24日:公表]

今度は“カンボジアの土地使用権”!依然続く劇場型勧誘−「リゾート地」「農地」の投資話にご用心−

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

 「カンボジアの土地使用権」という怪しげな権利の売買に関する、新手の相談が寄せられている。

 主に相談内容は2つに分けられ、1つは「カンボジアにあるリゾート地を長期に渡って使用できる権利を当社の代わりに買ってくれれば2倍以上の値段で買い取る」とリゾート地の使用権の購入を勧めるケース。もう1つは「今後、カンボジアが発展したら農地の価値が上がる。農地から収穫した穀物を販売して利益を得ることもできるし、農地の使用権を転売すれば利益になる」という内容のパンフレットが届いていないかと持ちかけ、農地の使用権の購入を勧めるケースである。

 いずれのケースも「土地が実在するのか」「土地の使用権とは何なのか」等の契約内容について十分な説明を受けずに契約にいたっている。また、販売業者は、カンボジアの土地を所有する現地不動産業者の代理店と称して勧誘・販売しているようだが、実態が不明であり、高齢者や判断能力が不十分な消費者に対して劇場型勧誘が行われていることから、トラブルの未然防止、拡大防止のため、消費者に注意を呼びかけることにした。


PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)における相談件数

 「カンボジアの土地使用権」に関する相談は、2011年10月に初めて相談が寄せられて以降、急増し、総件数が239件に及んでいる。

図 月別件数
2011年10月から2012年5月の月別相談件数の推移表。グラフに続いてテキストによる詳細

2012年5月15日までの登録分

2011年10月の相談件数は2件、2011年11月は4件、2011年12月は17件、2012年1月は18件、2012年2月は58件、2012年3月は75件、 2012年4月は63件、2012年5月は2件であり、2011年10月から2012年3月にかけて急増している。



主な相談事例

  • 2倍以上で買い取ると勧誘され、リゾート地の使用権を購入したが、買い取られない
  • 追加費用を求められるばかりで買い取られない
  • 代わりに申込をするだけでお礼をすると言って勧誘された
  • 買い増しや名義変更を強く求められ現金を受け取りに自宅にまで押しかけられた
  • 農地の使用権の購入を勧められ、断ったら「家に火をつける」と脅された


主な問題点

  1. 実態のわからない「カンボジアの土地使用権」が販売されている
  2. 契約内容に関して十分な説明を受けずに、契約させられている
  3. 一次販売代理店、二次販売代理店等、複数の販売代理店が存在し、パンフレットや契約書からは契約関係が読み取れない
  4. 高齢者等に対して、強引かつ巧妙な劇場型勧誘が行われている


消費者へのアドバイス

  1. 実態がわからず契約の内容を理解できなければ絶対に契約しない
  2. 「権利を高値で買い取る」などを持ちかける業者の話は絶対に信じない
  3. 勧誘された時点で、最寄りの消費生活センターに相談する


情報提供先

  • 消費者庁 消費者政策課
  • 消費者委員会事務局
  • 警察庁 生活安全局 生活経済対策管理官
  • 警察庁 刑事局 捜査第二課



本件連絡先 相談情報部
ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ