[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 使用したらフロントガラスに傷がついた自動車用ガラスクリーナー(相談解決のためのテストから No.21)

[2012年5月10日:公表]

使用したらフロントガラスに傷がついた自動車用ガラスクリーナー(相談解決のためのテストから No.21)

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

消費生活センター等の依頼に基づいて実施した商品テスト結果をご紹介します。

 「自動車用ガラスクリーナーを初めて使用したところ、自動車のガラスに小さな傷がたくさん入った。商品に問題はないか調べてほしい。」という依頼を受けました。

 当該商品は、研磨剤が配合されている旨の表示があるガラスクリーナー液と専用スポンジがセットになった商品でした。

 当該商品と、当該商品同様に研磨剤が配合されている自動車用ガラスクリーナー2銘柄の計3銘柄について、実際に自動車のフロントガラスを磨いたときに依頼内容のようなガラス表面の傷が発生するか再現テストを行いました。その結果、当該商品を使用した場合のみ細かい傷の発生が認められました。また、テストした3銘柄に含まれる粒子の硬さ(破壊強度)を調べたところ、当該商品に含まれていた粒子は他の2銘柄に含まれていた粒子に比べて2倍以上硬い粒子であることが分かりました。

 テスト結果を受け、相談者が事業者と自主交渉したところ、事業者の費用負担でフロントガラスが交換されました。また、テスト実施時の商品ロットについては販売を終了し、新ロット品は商品が変更されています。



本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ