[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 雨漏りのおそれのある、軽量なテント(相談解決のためのテストから No.18)

[2012年3月1日:公表]

雨漏りのおそれのある、軽量なテント(相談解決のためのテストから No.18)

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

消費生活センター等の依頼に基づいて実施した商品テスト結果をご紹介します。

 「初めて使用したテントで雨漏りがした。高山で使用されるものであり危険なので、テントの防水性に問題がないか調べてほしい。」という依頼を受けました。

 苦情品は、5角錐(すい)の形状で、中央のポール1本で立てるタイプのテントです。アウタテントとインナテントがそれぞれ別売りで、アウタテント単体でも、床のないテントとして使うことができますが、インナテントと組み合わせることで、4〜5人用のテントにもなります。アウタテントとインナテントの付属品を全て含めて、総重量が約2kgと、軽量でした。

 テントの入り口を閉めた状態で、雨水の侵入に対する抵抗試験を実施したところ、インナテントの外側に水濡(ぬ)れがあり、インナテントの床部(グランドシート)には水滴が認められました。また、苦情同型品のアウタテントに使われていた生地を切り取り、耐水圧試験を行ったところ、縫い目を含んだ部分では、縫い目のない部分に比べて耐水圧が低いことが分かりました。以上、苦情品と苦情同型品は、防水性能が低いと考えられ、雨天時の使用にあっては雨漏りするおそれがあると考えられました。

 このテスト結果を受けて、事業者からは、取扱説明書のみに記載されていた、縫い目の目止めと防水性の向上に関する注意書きを、ホームページの商品説明に追加し、次回発行するカタログにも記載して周知するとの報告がありました。なお、相談者には商品代金が返金されています。



本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ