[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > ラジウム温泉と同等になるとうたった浴用岩石と岩塩(相談解決のためのテストから No.16)

[2012年2月2日:公表]

ラジウム温泉と同等になるとうたった浴用岩石と岩塩(相談解決のためのテストから No.16)

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

消費生活センター等の依頼に基づいて実施した商品テスト結果をご紹介します。

 「ラジウム温泉と同等になるとうたった浴用岩石と、一緒に使用する岩塩を購入した。成分と表示に問題がないか調べてほしい。」との依頼を消費生活センターから受け、商品テストを実施しました。

 この商品は浴槽に沈めて使用する浴用岩石と風呂水に溶かして使用する岩塩の2種類で、どちらも使用することでラジウム温泉と同じ効果・効能が得られるとうたわれていました。

 付属の商品説明書によると2種類の商品どちらもラジウムを含んでおり、ラジウムはラドンガスを発生すること、ラジウム温泉の効能効果はラドンガスが作用することによって得られることがうたわれていました。そこで、商品を実際に使用した際の風呂水中のラドン濃度を調べました。

 その結果、試料溶液(風呂水)のラドン濃度は0.05Bq/kg(約0.01×10-10Ci(キュリー)/kg)未満と、温泉法で定めるラドンの基準(20×10-10Ci/kg以上)を大きく下回るものでした。

 また、商品説明書には大部分にわたってラドン温泉等の効能効果が記載されており、商品にそのような効能効果があると誤認させる可能性が高いため、薬事法に抵触するおそれがあると考えられました。

 この結果を受けた依頼センターのあっせんにより、販売者から相談者に代金全額が返金されました。併せて販売が中止され、商品の販売サイトも削除されました。



本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ