[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 金属部分のバリで指を切り、布団も破れた布団干し(相談解決のためのテストから No.15)

[2012年2月2日:公表]

金属部分のバリで指を切り、布団も破れた布団干し(相談解決のためのテストから No.15)

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

消費生活センター等の依頼に基づいて実施した商品テスト結果をご紹介します。

 布団干しの金属部分で指を切り、同じ箇所で布団の側地(がわじ)も破れてしまった。危険かどうか調べてほしいという相談がありました。

 調査した結果、苦情品の金具には1mm程度の凸状のバリがあり、布団の破損状況から、そのバリで布団が引っかかり破れたものと考えられました。また、そのバリについて玩具安全基準を参考に鋭利度を調べたところ、鋭利であると判定され、指を切る可能性がありました。さらに、申し出箇所以外の金具にもバリや鋭利と判定された箇所が見られたことから、バリ取りなどの仕上げ加工が不十分であり改善が望まれました。

 テスト結果の報告を受けた販売者は、商品の検品強化と、部品の改善を実施しました。また、相談者には、苦情品の返品・返金と、側地が破れた布団代が支払われました。



本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ