独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 取っ手部に体重をかけると転倒する外作業用の椅子(相談解決のためのテストから No.14)

ここから本文
[2012年1月19日:公表]

取っ手部に体重をかけると転倒する外作業用の椅子(相談解決のためのテストから No.14)

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

消費生活センター等の依頼に基づいて実施した商品テスト結果をご紹介します。

 「除草用に車輪付きの椅子を購入した。背もたれにもたれると後ろに反り転倒した。危険なので商品に問題ないか調べてほしい。」という依頼を受け、商品テストを実施しました。

 苦情品は農作業・園芸作業用として、座ったまま移動ができる「外作業用の椅子」で、相談者が背もたれと表現した「部位A」と、その反対側に持ち手のような「部位B」がありました。
 苦情品をモニターテストした結果、部位Aにもたれる姿勢や座面端に寄った座り方をした場合及び部位AやBに体重をかけた場合に転倒する可能性がありました。また、「使用上の注意」では、部位A、Bの名称や使用方法等に関する記載がなかったことから、使用時の安全性確保の観点から当該商品の「使用上の注意」には改善の余地があると考えられました。

 このテスト結果を受けた販売元からは、次回生産分より「使用上の注意」に部位A、Bは持ち運び用の取っ手であり背もたれではないことと、取っ手部に体重をかけたり座面片側に体重をかけると転倒するおそれがあるため、座面中央に座って作業するよう記載するとの回答がありました。

写真.苦情品の外観
苦情品の写真、座面サイズ280mm×220mm、部位Aの高さ313mm


本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について