[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > タンクに入れて使う節水器具でトイレの水が止まらなくなった!!(相談解決のためのテストから No.13)

[2012年1月19日:公表]

タンクに入れて使う節水器具でトイレの水が止まらなくなった!!(相談解決のためのテストから No.13)

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

 消費生活センター等の依頼に基づいて実施した商品テスト結果をご紹介します。

「突然トイレの水が止まらなくなり、タンク内を見ると、1年前にタンク内にとりつけた金属の節水器具がかなり変質しており、タンク下部のパッキンの間に挟まっていた。」という相談がありました。

 このトイレ用節水器具は、タンク内の排水弁の上に取り付け、その重みで排水弁を通常より早く閉じさせ、流水量を減らし節水ができることをうたった商品です。針金部分はさびにくいステンレス、本体は亜鉛合金でさびにくいめっき処理(銅−ニッケル−クロム)が施されていましたが、一定期間の使用により本体のめっきが剥がれ、さびの発生や針金の変形で排水弁から外れ、排水弁と排水口の間に挟まったものと考えられました。

 依頼センターから販売元に対しテスト結果の説明を行ったところ、商品代金を返金し、商品本体の材質をステンレスに変更するとの回答がありました。



本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ