独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の商品テスト実施状況(2011年10月分)

ここから本文
[2011年12月8日:公表]

今月の商品テスト実施状況(2011年10月分)

 2011年(平成23年)10月の商品テストは、PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)に寄せられた苦情相談等の中から、製品事故や品質・表示などの問題による消費者被害の発生や拡大を防止するために23件実施した。

 商品テストの累計実施件数は118件となった。

商品テスト実施状況

商品テスト実施件数
(( )内は実施件数のうち消費生活センター等の依頼による件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
商品テスト実施件数 0 (0) 6 (6) 0 (0) 6 (6) 5 (5) 2 (2) 3 (3) 1 (1) 23 (23)
当月までの累計件数 6 (5) 35 (34) 1 (1) 15 (13) 22 (21) 19 (19) 17 (16) 3 (3) 118 (112)

テスト結果の概要

テーマまたは商品名:携帯用魔法瓶

目的

購入した携帯用魔法瓶の飲み口を指で触ったところ、塗料が付着した。塗料が口に入ることも考えられるので、鉛等の有害金属が含まれていないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情同型品の塗膜とステンレス鋼について、鉛、アンチモンと銅の含有量を調べたところ、鉛、アンチモンは食品衛生法の規格基準を下回っており、銅についても相当量摂取しない限り健康への影響はないと考えられるレベルであった。

テーマまたは商品名:浄水器(ビルトイン型)

目的

ビルトイン型の浄水器の中間部分から水があふれ出た。原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品の本体表示には、12カ月ごとに交換することが記載されているが、浄水器は使用の目安である期間が過ぎても通水ができるため、使用される可能性は高い。苦情品は長期にわたって上下ケースの接合部の溝に、応力がかかることで生じた亀裂が原因で水があふれ出たと考えられた。

テーマまたは商品名:プラスチック容器

目的

冷凍ご飯を入れたプラスチック容器を電子レンジに入れて加熱し、蓋(ふた)を開けたら異臭がした。異臭の原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情同型品から発生する臭い成分を分析したところ、溶剤や塗料として使用されることがある複数の成分が検出された。相談者が感じた臭いは、これらの一部あるいはいくつかの混合臭であると推測された。しかし、モニターテストでは、発生する臭いは「やっと感知できる」程度で、不快であると感じたモニターはいなかった。

テーマまたは商品名:電気掃除機

目的

近くの電気店で約3年前に購入した電気掃除機の吸引力が、最近になり極端に落ちた。吸引力に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品は弱・強運転とも吸引力の低下が確認された。吸引力の低下の原因としては、苦情品の経年使用、また、それによるHEPAフィルター(通常使用者が手入れできない)のほこりや汚れの付着、モーターの回転数の低下など、複合的な要因が考えられたが、明確な原因の特定には至らなかった。

テーマまたは商品名:下駄箱

目的

2年前に購入した下駄箱に、新品の革靴を2カ月間保管したところ、革の表面がぼろぼろになった。下駄箱に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品に保管されていた靴は、足の当たる内底の生地に剥がれが見られた。内底はエステル系ポリウレタンを主体としたもので、加水分解性があるため、経年劣化によりぼろぼろになることがある。苦情品から検出された成分は、エステル系ポリウレタンを促進させる主な原因としては挙げられていないため、靴がぼろぼろになったこととの関連性は低いと考えられた。

テーマまたは商品名:チェーンソー用オイル

目的

チェーンソーに水で希釈できるオイルを入れて3カ月程使用したところ、オイルタンクに穴が開いた。原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

オイルタンクの外部表面には著しい腐食があったものの、実使用試験ではオイルタンクの外部、内部表面ともに焼き付きや腐食は見られなかった。テストの結果、オイルタンクに穴が開いたことと、苦情品を使用したことには因果関係は認められず、マグネシウム合金が経年の使用の中で何らかの要因で外部から腐食し、穴が開いたものと推測される。

テーマまたは商品名:トレーニングウェア 上下

目的

3回位の使用で、トレーニングウェアのシャツに引きつれや、パンツの前面に毛玉ができた。商品に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情同型品のピリング及びスナッグの等級は一般衣料品のJIS規格の基準を満たしていたが、ザラザラした面で摩擦した場合、スナッグがややできやすい生地であることが分かった。苦情品及び苦情同型品には、糸が飛び出しやすい素材である旨、突起物には注意する旨の注意表示がなされていた。

テーマまたは商品名:運動靴

目的

学校の階段で運動靴のソールが剥がれ転倒しそうになった。ソールが剥がれた原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品に使用されていた接着剤はウレタン系であり、苦情品は苦情同型品に比べ、接着剤の加水分解が起きていると考えられる黄変部が広く見られたことから、苦情品は加水分解による接着剤の劣化が進行していると推察された。これがソールの接着性の低下を引き起こし、剥がれの一因となったと考えられた。

テーマまたは商品名:長靴

目的

新品のひざ下までのゴム製長靴を履いたら、右脚が赤く腫れた。商品に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品と苦情同型品で検出された主な成分に差はなく、皮膚刺激性、もしくはアレルギー性接触皮膚炎の報告のある成分が検出された。相談者は、内科専門医により苦情品を用いたパッチテストを受けており、その結果が陰性であったことから、皮膚障害の原因が長靴以外だった可能性も考えられた。

テーマまたは商品名:雨靴(婦人用レインブーツ)

目的

雨の日に新しい雨靴を履いて出かけたところ、マンションの共用通路で滑って転倒しけがをした。他の雨靴に比べて滑りやすいか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品のかかと底はつま先側の底より硬い材質で、濡れたビニル床を歩いた場合には、参考品に比べ滑りやすかった。また、床の材質にかかわらず、かかとを先に着くような歩き方をした場合にはより滑りやすかった。

テーマまたは商品名:ウォーキングシューズ

目的

購入後2カ月でウォーキングシューズの内側に穴が開いたため、靴擦れを起こすようになった。ウォーキングシューズに問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品及び苦情同型品のかかと部をX線で調べた結果、異物等は確認されなかった。また、苦情同型品のかかと部について、分解して構成しているパーツを調べた結果、一般的なスポーツシューズの構成と相違はなく、構造や材質に、穴が開いた原因となる問題点は確認されなかった。

テーマまたは商品名:折りたたみ傘(化粧品の景品)

目的

化粧品の景品でもらった折りたたみ傘を閉じるときに上ハジキで親指をけがした。商品に問題はないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品の上はじきの角の部分は参考品に比べ、やや鋭利な様子が確認されたものの、玩具安全基準を参考に上はじきの鋭利度を調べた結果、危険な鋭い縁部とは判定されなかった。

テーマまたは商品名:かみそり

目的

まゆ・顔用の3本1組のかみそりを購入し、2本とも使い始めで皮膚を傷つけた。2本目は慎重に扱ったにも関わらず額を切った。危険なので商品に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

額を切ったとされる苦情品は、刃先にごくわずかな凹凸があったものの、未使用時からあったものか、使用したことによる刃こぼれか不明であり、肌を傷つける原因となったかの特定はできなかった。

テーマまたは商品名:タオル

目的

水に濡(ぬ)らすと冷感効果が得られることをうたったタオルを初めて首に巻いて使用したところ、首や胸など触れた箇所が赤く腫れた。原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

未使用の苦情同型品及びそれをぬるま湯で10回繰り返し洗ったものから、アレルギー性接触皮膚炎の報告のある物質である防カビ剤の2-n-オクチル-4-イソチアゾリン-3-オン(OIT)が検出された。一方、使用の前後に水洗いされた苦情品からは、OITは検出されなかった。OITは、苦情品のような雑貨品への使用に関する規定はないが、過去に家庭用品による重大製品事故の原因物質として厚生労働省から注意喚起がなされた成分である。原因の特定には、皮膚科専門医によるパッチテストが必要である。

テーマまたは商品名:タオル

目的

水に濡らすと冷感効果が得られることをうたったタオルを使用したところ、普通のタオルと変わりがなく、効果が感じられない。表示広告等に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情同型品と一般的なタオル(参考品)を用いて、夏場を想定した環境下で冷たさの経時変化をモニターテストにより評価した。その結果、苦情同型品、参考品とも初めは冷たく感じられたが、時間の経過とともに冷たく感じる程度はモニター間に若干の差はあったが、双方低下し、今回の限定された条件下においては苦情同型品、参考品との間に大きな差はみられなかった。なお、取扱説明書や販売元のホームページを調べたところ、一般的なタオルと比較しての本商品の優位性に関する記述は見られなかった。

テーマまたは商品名:タオル

目的

水に濡らすと冷感効果が得られることをうたったタオルを何度か首に巻いて使用していたが、今回いつもより長く使用したところ、首回りに湿疹ができてきた。原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品及び苦情同型品からは、アレルギー性接触皮膚炎の報告のある物質である防カビ剤の2-n-オクチル-4-イソチアゾリン-3-オン(OIT)が検出された。OITは過去に家庭用品による重大製品事故の原因物質として厚生労働省から注意喚起がなされた成分である。原因の特定には、皮膚科専門医によるパッチテストが必要である。

テーマまたは商品名:大人用紙おむつ

目的

大人用紙おむつを着用中に擦り傷ができた。商品に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情同型品は、同種のパンツタイプの参考品のおむつよりも接合部が比較的硬く、履いて接合部に圧力がかかった場合には痛く感じられたり、状況によっては傷などができる可能性もあるのではないかと考えられたが、おむつの接合部の硬さだけで擦り傷に至ったとまでは判断できなかった。

テーマまたは商品名:登山靴

目的

登山中に登山靴の左靴ひもが、右靴ひものフックにひっかかり転倒しそうになった。危険なので、フックの形状等に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品は、故意に靴ひもの蝶結びのループを大きくして、内股で左右の足の内側を擦り合わせるような歩き方をしないと、靴ひもがフックに引っ掛かることはなく、苦情品のフックに問題があったとは言えない。

テーマまたは商品名:じょうろ

目的

除草剤が入ったじょうろの取っ手が外れ、除草剤でやけどした。じょうろに問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

本体側の取っ手取り付け部が内側に折れ曲がっていたため、取っ手取り付け部が正常にはまっておらず、じょうろを持ち上げた際の力で完全に外れ、除草剤が足にかかったものと考えられた。本体側の取っ手取り付け部が内側に折れ曲がっていたのは、取っ手を取り付ける際に不適切な方向に力を加えたためと推測される。

テーマまたは商品名:キャンピングカーのタイヤ

目的

3年前に購入したキャンピングカーのタイヤが高速道路を走行中にバーストし、車両が全損になった。タイヤに問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

タイヤ自体の品質に問題は見当たらなかった。バーストした原因はタイヤの最大荷重を超える過荷重の状態で使用していたためと考えられ、新車時に装着されていたタイヤの負荷能力が当該キャンピングカーに対して不足していたと考えられる。

テーマまたは商品名:自動車用タイヤ

目的

2年前に購入した自動車用タイヤ4本中2本の外側に亀裂が入ったので、原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

タイヤの外側では一部分のみに大きなひびが見られたことから、紫外線等による劣化は少ないと考えられた。苦情品は適合範囲外のリム幅のホイールで使用されていたために、走行中に大きな負担がかかった可能性や、空気圧過多が何らかの影響を及ぼした可能性も考えられるが、原因の特定はできなかった。

テーマまたは商品名:ブレーキオイル交換用具

目的

ブレーキオイル交換のために専用の用具を購入し使用したところ、車にオイルが飛び散り、塗装が浮いてしみになった。商品に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品は販売時から透明ホースのバルブ側がバンドで固定されていなかったため、ブレーキオイル交換時にブレーキオイルの圧力に耐えられず、透明ホースとバルブが分断され、廃油が周囲に飛散したものと推測された。

テーマまたは商品名:ユニット洗面台

目的

3年9カ月前に設置した洗面台の鏡に付いているプラスチックの下の部分が破損した。原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品の下部のプラスチックは、鏡に付いた薬剤などが垂れて溜まったことが原因でソルベントクラック(溶剤亀裂)を生じたため脆くなり、三面鏡(開き扉の構造)の開閉の際の衝撃(外力)や何らかの応力などによって段階的に亀裂が成長し、破損に至ったと考えられる。