[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の商品テスト実施状況(2011年9月分)

[2011年11月10日:公表]

今月の商品テスト実施状況(2011年9月分)

 2011年(平成23年)9月の商品テストは、PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)に寄せられた苦情相談等の中から、製品事故や品質・表示などの問題による消費者被害の発生や拡大を防止するために18件実施した。これらの中で「比較的安価な放射線測定器の性能」「子どもを自転車に乗せたときの転倒に注意!」については、資料を作成し消費者に広く情報提供を行った。

 商品テストの累計実施件数は95件となった。


商品テスト実施状況

商品テスト実施件数
(( )内は実施件数のうち消費生活センター等の依頼による件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
商品テスト実施件数 0 (0) 6 (6) 0 (0) 2 (2) 3 (2) 5 (5) 2 (1) 0 (0) 18 (16)
当月までの累計件数 6 (5) 29 (28) 1 (1) 9 (7) 17 (16) 17 (17) 14 (13) 2 (2) 95 (89)

テスト結果の概要

テーマまたは商品名:比較的安価な放射線測定器の性能(報道発表)

目的

震災以降に放射線測定器に関する相談が急増している。そこで、比較的安価な放射線測定器が放射性セシウムを正しく測定できるかについてテストし、情報提供することとした。

テスト結果の概要

参考品を除く9銘柄は通常の環境程度以下の自然放射線を正確に測定できなかった。照射線量率と測定値には相関がみられたが、総じて正味値が低く、ばらつきも誤差も大きかった。また、景品表示法上問題となるおそれがあるもの及び電気用品安全法に抵触するおそれがあるものが一部にみられた。

テーマまたは商品名:子どもを自転車に乗せたときの転倒に注意!(報道発表)

目的

子どもを自転車に乗せて使用する実態について消費者アンケートを実施し、危険を感じた状況を調べるとともに、自転車の押し歩き時、停車時の安定性などをテストし、使用上の注意点を明確にして消費者に情報提供することとした。

テスト結果の概要

幼児を乗せて自転車を扱う場合、押し歩きや駐輪動作中に転倒の危険があることを重りを使用してモニターテストで確認した。また、自転車の前後輪に加わる荷重を測定したところ、後席だけに幼児を乗せた場合は前輪が浮きやすくなったため、後席を荷台に取り付ける際には、できるだけ前方に取り付ける。幼児の乗せ降ろしの際には、前輪の旋回抑制機構を使用する。

テーマまたは商品名:フライパン

目的

1年程前に購入し使用していた、ふっ素樹脂加工のフライパンの底面と側面の接続部分が、輪状に穴が開いてきた。原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品は、ふっ素コートの耐熱温度(260℃)以上に加熱され、急激な温度変化による応力が繰り返し加わったために輪状に割れたものと考えられる。

テーマまたは商品名:布団干し

目的

布団干しの金属部分で指を切り、同じ箇所で布団の側地も破れてしまった。危険かどうか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品には1mm程度のバリがあり、布団の破損状況から、その部位に布団が引っかかり破れたものと考えられる。また、その部位をシャープエッジテスターで調べたところ、指を切る可能性があった。さらに、申し出箇所以外の金具にもバリや鋭利と判定された箇所があり、バリ取りなどの仕上げ加工が不十分であった。

テーマまたは商品名:ベッド

目的

納品された10日後に、ベッドの木材から虫が発生したという申し出があった。ベッドの木材に虫(キクイムシ)が生息していた痕跡があるかどうか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品にはナガキクイムシ科の一種と推定される虫が生息していたと考えられた。また、納品から苦情発生までの期間、苦情品の穴の状態、ナガキクイムシ科が、木材の内部で幼虫から成虫となり脱出する際に、木材に穴を開けて飛び出す習性があることを踏まえると、虫は納品前から苦情品に侵入していたものと考えられた。

テーマまたは商品名:発電機

目的

震災後に購入した発電機のガソリンタンクの溶接部分からガソリンが漏れてきた。危険なので商品に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品溶接部からガソリンが漏れることを確認した。漏れが広範囲にわたっていることから、ガソリンタンクを製造した際の電気溶接の不良と推察される。タンクを立てるという特異な状況下では、残量計の縁からの漏れも確認されており、苦情品は気密性に問題があった。

テーマまたは商品名:家庭用除湿剤

目的

押し入れに入れていた家庭用除湿剤が液漏れし、布団などが濡(ぬ)れた。原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情同型品はJISで定められた強度を有していた。また、使用終了状態での落下衝撃試験で、ひび割れの起因となる白化が確認されたことから、苦情品についても取り扱いの過程で外部から何らかの強い衝撃が加わったことにより容器がひび割れ、液漏れが生じたものと考えられる。

テーマまたは商品名:ごみ箱

目的

脱臭効果をうたうごみ箱を使用したところ、異臭がし体調不良になった。商品に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品は、オゾンの脱臭効果を利用した商品であり、ごみを苦情品から取り出す際に、周辺では数分間程度臭いや刺激を感じるほどのオゾン濃度に達する場合があった。しかし取扱説明書には、蓋(ふた)を取り外す際などに、周辺に臭いを感じるほどのオゾンが出ること、そのようなオゾンに対する注意事項などの記載はみられなかった。また、蓋には紫外線ランプがむき出しについていたため、電源を切らないで蓋を取り外すと、紫外線ランプを直視したり、触れてしまう可能性があった。

テーマまたは商品名:紳士ズボン

目的

2回目の着用でズボンの生地が破れた。生地の強度に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品はたて方向に生地が引き裂けていた。よこ方向の引裂強さは「JIS L 4107」の基準を下回っており、生地に弱い部分や傷がある場合には、たて方向に引き裂きが起きやすくなると考えられた。苦情品はポケットの縫い止まりの縫製によって弱くなっている部分があり、損傷部の観察からもこの部分が起点となって引き裂きが進んだものと考えられた。

テーマまたは商品名:ブラジャー

目的

シリコン製のブラジャーを1時間位着用したら肌が赤くなりかぶれた。商品に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情同型品は布製のブラジャーに比べ透湿度が低く、汗をかくと蒸れたりしてかぶれの原因となる場合があると考えられた。また、「通気性抜群」との表示は実態とはかけ離れており、問題があると考えられた。

テーマまたは商品名:タオル

目的

首や頭に巻く冷感タオルの効果が持続しない。効果の表示に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品は冷却効果をうたっていたが、表面の温度は一般的なタオルと同程度であり、水分を含んだ状態で生地に強い振動を与えても表面温度の低下は観察されなかった。

テーマまたは商品名:冷却スプレー

目的

脚に貼った湿布のずれ防止のためにストッキングを履いていた。その上から冷却スプレーを噴射したら火がつきやけどをした。冷却スプレーが静電気で引火することがあるか調べてほしい。

テスト結果の概要

事故時の状況を想定して、ストッキングを巻いた2つの電極板の間に静電気を発生させ、この静電気に向かっていろいろな距離・方向から苦情同型品を噴射する再現テストを行ったが、噴射ガスは引火しなかった。

テーマまたは商品名:イヤホンマイク

目的

購入したイヤホンマイクのR(右)側から音が聞こえないので、原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

R(右)側のイヤホンから音が出ていない原因は、イヤホン内部の断線と考えられる。通常、イヤホンの音を出す部分はコイルが内蔵され、そのコイルに電流を流して振動させ、その振動を音として再生させている。今回は、そのコイル相当の部分の配線に断線があり、音が聞こえなくなったと推測される。

テーマまたは商品名:テレビ

目的

震災で大型プラズマテレビの首が折れた。強度に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品は、首振り機能で同調する部品(モーター部カバー)を固定するねじ及びねじ穴が地震の揺れに耐え切れず、ねじの折れや抜けが生じたものと考えられる。取扱説明書に記載されている転倒防止の据え付け方法は、消費者が市販の固定具を購入するものであり、苦情品はその方法で固定されていなかった。しかし、どのような固定具を使用して良いか取扱説明書からは分からず、強度のないものを使用してしまうことも想定される。

テーマまたは商品名:腕時計

目的

登山中に腕時計のバンドアタッチメント部分のピンが穴から飛び出し身体と装備品が傷ついた。商品に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

バンドピンがピン穴から飛び出した原因は、バンドピースと本体の間に汗などの液体が入り込むことで、ステンレス製のバンドピンとアルミニウム製のバンドピースが接触している部分で異種金属接触腐食が生じ、アルミニウム製のバンドピースのピン穴の周辺が優先的に腐食され、バンドピースの強度が低下したためと考えられる。また、バンドピースと本体の間に汗などの液体が入ってしまうと、取扱説明書に従った手入れだけでは除去できず、腐食を生じやすい構造であった。

テーマまたは商品名:ビーズ

目的

水を吸収すると膨らむビーズを子どもが耳に入れてしまい、ビーズが耳の中で膨張したため、手術で取り出した。危険なので商品に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情同型品は水を急速に吸収し、周囲の形状に沿って膨張する商品で、細長く複雑な形状をした外耳道内で膨張した場合には、取り出そうとすると容易に崩れてしまい、取り出せなくなるおそれがあると考えられた。また、ST基準の膨張材料の規定から外れていることから、子どもが玩具として使用した場合、安全性に問題があると考えられた。

テーマまたは商品名:簡易ガスライター

目的

ズボンのポケットにたばこと簡易ガスライターを入れていたら、突然熱さを感じ、ポケット左下に穴が開き、ライターの着火部分のプラスチックが熱で溶解していた。原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情同型品については、テストした範囲内でSG基準を満たし問題ないことがわかった。今回の事故は、ポケット内での苦情品の残り火(消火操作後にも火炎が残ること)で起こった可能性も否定できないが、苦情品は原形を保持しておらず、事故時のポケット内での動作状況等も不明なため、事故原因を特定することはできなかった。

テーマまたは商品名:折りたたみ自転車

目的

折りたたみ自転車で左折のために停止し、こぎ始めたらスタンドが下りた状態で縁石に引っ掛かり転倒、全身打撲した。スタンドに問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

左側のハブナットの締め跡、ねじ山のつぶれ、座金の変形、ハブ軸の金属くずの形状から、ハブナットの過剰な締め付けが行われたと推察され、製造段階で発生した可能性が高いと考えられる。その後、徐々にハブナットが外へずれ、スタンドがガタつき外れる状態となったと推察される。



発表情報トップページへ

ページトップへ