[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 市役所職員をかたる還付金等詐欺が再び増加!−急かしながら、スーパーやコンビニのATMへと誘導する新たな手口−

[2011年11月1日:公表]

市役所職員をかたる還付金等詐欺が再び増加!
−急かしながら、スーパーやコンビニのATMへと誘導する新たな手口−

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

 市役所等の自治体職員を名乗り、医療費や社会保険料等の還付金手続きのためにATMへ誘導して送金をさせる手口(いわゆる“還付金等詐欺”)は、2008年度には全国的に多数発生したものの、2009年度以降は激減した。

 2011年度に入り、ある地域の特定の市役所名をかたる、還付金等詐欺と思われる相談が再び増加傾向を示している。最近は、「手続きは本日中」と言うなど、短時間のうちに、スーパーやコンビニエンスストア等、金融機関以外のATMコーナーで操作を行うように誘導する手口が目立つ。

 新たに目立ってきた、市役所等の職員をかたる“還付金等詐欺”について、これまでに発生した地域の情報を提供し、被害の未然防止のために、改めて消費者に向けて注意喚起を行う。


相談件数

 市役所等の職員をかたる“還付金等詐欺”に関する相談件数は、年度別にみると2007年度には471件、2008年度は1517件と激増した。その後、大幅に減少したものの、2011年度はすでに、115件の相談が寄せられている(2011年10月25日現在)。

 2011年度の相談を月別にみると、6月に1件、7月に22件、8月に44件、9月に39件、10月は9件寄せられており、特に7月以降目立ってきている。そのうち、特定の市役所名を名乗っていることが確認できるケースが109件あった。



主な事例

  • 「1時間以内に手続き必要」と急かされた
  • 「医療費を還付する」とATMに誘導され、振り込んでしまった
  • スーパーのATMに携帯電話を持って行くよう、誘導された


主な特徴と問題点

  1. (1)全国各地で発生しているが、ある期間に特定の市役所名に集中する場合が多い
  2. (2)冷静に考える余裕を与えない
  3. (3)金融機関以外のATMコーナーへ誘導


消費者へのアドバイス

  1. (1)各地で起きているため、注意が必要
  2. (2)市役所職員がATM操作を行うよう、連絡することは絶対ない
  3. (3)不審に感じたら、すぐに警察署や消費生活センターへ


情報提供先

  • 消費者庁 消費者政策課
  • 消費者庁 地方協力課
  • 警察庁 刑事局 捜査第二課



本件連絡先 相談情報部 情報提供課
ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ