[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の商品テスト実施状況(2011年8月分)

[2011年10月6日:公表]

今月の商品テスト実施状況(2011年8月分)

 2011年(平成23年)8月の商品テストは、PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)に寄せられた苦情相談等の中から、製品事故や品質・表示などの問題による消費者被害の発生や拡大を防止するために17件実施した。これらの中で「子どもが使用することのあるアクセサリーに関する調査結果−カドミウム、鉛の溶出について(2011年)−」は、資料を作成し消費者に広く情報提供を行った。

 商品テストの累計実施件数は77件となった。


商品テスト実施状況

商品テスト実施件数
(( )内は実施件数のうち消費生活センター等の依頼による件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
商品テスト実施件数 1 (1) 8 (8) 0 (0) 2 (1) 3 (3) 2 (2) 1 (1) 0 (0) 17 (16)
当月までの累計件数 6 (5) 23 (22) 1 (1) 7 (5) 14 (14) 12 (12) 12 (12) 2 (2) 77 (73)

テスト結果の概要

テーマまたは商品名:子どもが使用することのあるアクセサリーに関する調査結果(2011年)(報道発表)

目的

調査から1年が経過し、製品の安全確保に向けた各事業者の取り組み状況のフォローアップのため、消費者庁から再び国内に流通している子ども用金属製アクセサリーについて、カドミウム及び鉛の溶出量に関する調査の依頼があった。

テスト結果の概要

カドミウムについては243銘柄全てで、国際標準化機構の玩具規格を超えて溶出するものはなかった。鉛の溶出は食品衛生法の対象外のものではあるが、10銘柄で一定量(90μg/g)を超える溶出が認められた。誤飲等に関する注意表示は全体の30.5%で認められた。

テーマまたは商品名:プラスチック容器入りコーヒー

目的

鞄の中に入れていたコーヒー飲料のプラスチック容器からコーヒーが漏れた。割れた原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品の強度に問題はなく、割れは、容器の外側から過剰な力が加わったために生じたものと考えられる。

テーマまたは商品名:食器洗い乾燥機(ビルドインタイプ)

目的

食器洗い乾燥機でフライパンを洗うと白い異物が付く。白い異物の成分を調べてほしい。

テスト結果の概要

白い異物を分析したところ、ナトリウム、マグネシウム、アルミニウム、ケイ素、硫黄、フッ素、カリウム、カルシウムが検出され、洗剤及び水道水に由来する元素が析出したものであると推測された。

テーマまたは商品名:電気ケトル

目的

2年前に購入した電気ケトルが、電源が入らなくなり3回交換した。4台目も電源が入らず湯が沸かない。原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

電気ケトルの電源が入らなくなった原因は、電気ケトル本体底部の穴から蟻(あり)が内部に侵入し、接点に付着したことにより、接点が絶縁状態になったためと考えられた。

テーマまたは商品名:キッチンバサミ

目的

キッチンバサミの片側を手で持つと外れて落ちるため危険な思いをした。商品に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品を含めて、この種の外せるハサミは閉じた状態にして移動させればジョイント部が脱落することはないと言える。また、開いたまま移動させると、条件によってはジョイント部が脱落することがあるので注意が必要であるが、苦情同型品にはこの旨の注意表示がなかった。

テーマまたは商品名:ガラス製の鍋蓋(なべぶた)

目的

昨年購入した蒸し器のガラス製の鍋蓋が使用中粉々に割れた。原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

熱衝撃試験、衝撃試験ともに苦情同型品、参考品は割れることはなかったこと、苦情品の破断した破片にはガラス内部の異物による破損や表面の傷の伸張による破損時などに生じる破壊起点がなかったこと、苦情品の燃焼痕付近の枠に残っていた破片には破壊起点があったことから、コンロのバーナー等でガラス蓋のステンレス製の枠が部分的に熱せられ、破壊が起こったものと推測された。

テーマまたは商品名:ガラス製の鍋蓋

目的

ガラス製の鍋蓋のつまみが取れて蓋が落下した。危険なので商品に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品のつまみのボルトは、使用中の荷重などにより、亀裂が発生し、腐食を伴いながら亀裂が成長して折損に至ったと推測される。また、異種金属の接触がこれらの腐食を加速させた可能性も考えられた。

テーマまたは商品名:スチームクリーナー

目的

スチームクリーナーに取り付けたアタッチメントが購入後3回目の使用で外せなくなった。原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

使用中の温度が高い状態でかみ合い部品が膨張することでネジ部に非常にわずかな緩みが生じ、その状態で締め直すと、ネジ部が冷めてかみ合い部品が収縮して元の大きさになったときに強固に固定され外れなくなったと考えられる。また、かみ合い部品の外歯に施された面取りにより、取り外そうとする力が伝わりにくかったことや、ホース側のネジ山にずれがあるために、強めに締め付けた際に局所的に力が加わったことも外せなくなった要因と考えられる。

テーマまたは商品名:イオン発生機

目的

イオン発生機の吹き出し口から黒いほこりのようなものが出てきた。原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品の吹き出し口からほこりが出た原因は、フィルターを透過した微細なほこりが、ファンの羽の部分に付着、堆積し、ファンの回転運動により剥離(はくり)したものが吹き出し口から飛散したと考えられる。苦情品は空気清浄機のように空気中のほこりや花粉等の除去を目的とした機器ではないものの、今回のようなほこりの飛散状況は問題があると考えられた。

テーマまたは商品名:手回しランタン

目的

手回しで発電して使用できるランタンを購入した。最初の2、3回は使用できたが、1カ月後にハンドルを回してみたが、明かりは薄暗く、回すのをやめると消えてしまう。商品に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品は内部の充電式電池が液漏れしていた。苦情同型品では液漏れは発生しなかったが、内部の電池は初期電圧及び内部の構造から、充電を行わないことを前提とした一次電池のアルカリマンガン乾電池と推察され、手回し充電により破裂や液漏れ等の危険があると言える。さらに、乾電池ボックスは寸法が不適切かつ配線不良で正常に使用できないことから問題であった。

テーマまたは商品名:雨靴(婦人用レインブーツ)

目的

雨の日に新しい雨靴を履いて出かけたところ、マンションの共用通路で滑って転倒しけがをした。滑りやすさについて調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品は床材によっては滑りやすく、特に、ビニル床でその傾向が強かった。また、かかとを先に着くような歩き方をした場合にはより滑りやすくなった。

テーマまたは商品名:日焼け止め化粧品

目的

日焼け止め化粧品を腕に塗り白いバッグを持ち出かけたところ、バッグの腕に接触した部分が変色した。日焼け止め化粧品でバッグが変色するか調べてほしい。

テスト結果の概要

バッグに苦情品、苦情同型品を付着させたり、これらに汗や皮脂を混ぜたりした時に変色が起こるのかを調べたところ、バッグに変色は起こらなかった。苦情品が変色の原因である可能性は低いと考えられた。

テーマまたは商品名:保湿クリーム

目的

保湿クリームを使用したところ、肌の状態が改善された。ステロイドが含まれていないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情同型品について、作用が強く、これまでに化粧品での検出事例のある成分を中心に、7種類のステロイド成分が含まれていないかを調べたが、いずれの成分も検出されなかった。

テーマまたは商品名:ヘアドライヤー

目的

使用中のへアドライヤーから金属片が飛び出しやけどした。原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

ヘアドライヤーの吸い込み口、あるいは、吹き出し口が閉塞(へいそく)されることで風量が低下して、ヒータが過熱されるのに伴って本体のハトメの温度がハンダ溶融温度に達し、同時に振動などが加わったために、溶融したハンダが外部に飛び出したものと考えられた。

テーマまたは商品名:雑誌の付録(ビニール製バッグ)

目的

2歳の子どもが、雑誌についていた付録のビニール製バッグの角で、目の横を切った。バッグの角が鋭利かどうか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情同型品は、シャープエッジテスターでは危険とは判定されなかった。ただし、参考品と比較すると角が鋭利であり、幼児の使用を想定したものであることから、参考品に比べて安全性の配慮が欠けていたと考えられる。

テーマまたは商品名:折りたたみ式テーブル・椅子セット

目的

この商品は、各部にバリが多い上に、強度と安定性にも問題があると思われる。バリの危険性、テーブルと椅子の耐荷重や安定性を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品のバリは全体的にみられたものの、シャープエッジテスターでは、バリが危険との判定はされなかった。テーブル及び椅子の角への偏荷重試験の結果、椅子のたわみ量は、苦情同型品も参考品も同程度の値であったが、テーブルのたわみ量は、材質がプラスチックか、MDF(中密度繊維板)かで約2倍程度の差が生じていた。なお、苦情品には、偏荷重に関する注意や組立方法など、参考品と比較すると取り扱いに関する記載が少なかった。

テーマまたは商品名:オートバイのシート

目的

3年前に購入したオートバイのシートが劣化し衣類に色移りした。劣化した原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品は塩化ビニル樹脂製のシートカバーで、表面のべたついていた成分を調べたところ、可塑剤とその分解物と考えられる成分などが検出されたことから、可塑剤及びその加水分解により生じた成分が染み出し、べたつき、色移りを起こしたと考えられた。



発表情報トップページへ

ページトップへ