[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の商品テスト実施状況(2011年7月分)

[2011年9月8日:公表]

今月の商品テスト実施状況(2011年7月分)

 2011年(平成23年)7月の商品テストは、PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)に寄せられた苦情相談等の中から、製品事故や品質・表示などの問題による消費者被害の発生や拡大を防止するために10件実施した。

 商品テストの累計実施件数は60件となった。


商品テスト実施状況

商品テスト実施件数
(( )内は実施件数のうち消費生活センター等の依頼による件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
商品テスト実施件数 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 4 (4) 5 (5) 1 (1) 0 (0) 10 (10)
当月までの累計件数 5 (4) 15 (14) 1 (1) 5 (4) 11 (11) 10 (10) 11 (11) 2 (2) 60 (57)

テスト結果の概要

テーマまたは商品名:血圧計

目的

血圧計の本体が熱で変形し、保存していた箱が焦げた。原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

血圧計の本体が熱で変形した原因は、血圧計が異常発熱したものではなく、保存していた段ボール箱が外部の何らかの熱源により焼損したため、収納されていた血圧計がその熱により変形したものと考えられた。

テーマまたは商品名:マスク

目的

竹酢液を染み込ませたシートを付けるマスクを使用したら、すぐに唇が腫れた。商品に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

竹酢シート中に含まれていたフェノールやクレゾールの刺激により、唇が腫れた可能性も考えられたが、含まれていた量が微量であることや、化学物質に対する感受性には個人差が大きいため確定には至らなかった。また、今回の方法では確認できなかった成分によるアレルギー等の可能性も否定できない。

テーマまたは商品名:タオル

目的

水に濡らして使用するタオルで顔や首が赤く腫れた。問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情同型品からは、ごくまれにアレルギー性接触皮膚炎が起こることが報告されている防カビ剤が検出されたことから、相談者に生じた症状は、防カビ剤によるアレルギー性接触皮膚炎の可能性が考えられた。この防カビ剤は化粧品や医薬部外品に使用された場合には表示する義務のある成分であった。

テーマまたは商品名:オゾン発生器

目的

オゾン発生器でオゾン水を作ると強烈な臭いがする。発生しているオゾン濃度を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品を60分間継続して使用している室内では、日本空気清浄協会のオゾン濃度が室内ガスの許容濃度である平均0.05ppmを超えて高くなることがあり、不快感や鼻や咽頭(いんとう)への刺激、喘息(ぜんそく)の発作等にもつながるおそれがあると考えられた。また、高濃度のオゾンが発生するが、オゾンの濃度と危険性等についての記載はなかった。

テーマまたは商品名:携帯電話

目的

携帯電話の通話ができなくなり、基板が壊れていることが分かったため、新しい機種を購入した。データは新しい携帯電話に移行することができたので、本当に故障しているか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品は基本的な機能には異常がみられず、故障は確認されなかった。ただし、電池パックの電源端子部に一時的に何らかの異物が付着したことによって電源がONできなかった可能性が考えられた。

テーマまたは商品名:折りたたみ式テーブル・椅子セット

目的

折りたたみ式テーブル・椅子セットを使用中に、椅子の脚が突然折れ、座っていた人が負傷した。強度に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品は、破損形状から一度に大きな力が加わったと考えられ、再現テストの結果、水平方向に350N程度の力が加わったときに破損した。しかし、参考品も同程度の力が加わると破損していることから、参考品に比べて苦情品が著しく劣っているとは言い難い。

テーマまたは商品名:ラケット

目的

卓球ラケットが数日使用した後、使用中に半分に折れ飛んで行った。再度同種のラケットを別の店で購入したが、数日使用した後また同様に半分に折れた。ラケットの破損原因・強度について調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情同型品を用いて強度を調べた結果、形状や合板枚数などの仕様や価格が同等の参考品2銘柄に比べ、破損に至る静的荷重は小さかったものの、卓球ボールを打つ使用には十分な強度を有しており、落下試験でも破損することはなかった。苦情品には、ブレード側面に何かに接触したような凹みや欠けがあったため、落下試験以上の強い衝撃によって破損した可能性が考えられる。

テーマまたは商品名:簡易ガスライター

目的

簡易ガスライターで火をつけようとしたところ、電気が走ったように指がしびれた。商品に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品は、ライターの風防に指が触れている状態で点火すると、数回に1回の割合で感電することがわかった。苦情品は初期の成形不良や、保管時・流通時などでの何らかの外力・衝撃によってガス口などに変形が生じ、放電口とガス口間の距離が苦情同型品よりも長くなってしまっていると考えられる。そのため、本来は放電口からガス口に向かって放電する電気の一部が風防などにも流れやすくなってしまい、感電が起こっていると考えられる。

テーマまたは商品名:携帯型の充電器

目的

携帯型の充電器にUSBケーブルを接続し、それにACアダプターを接続してコンセントにつなげたところ、充電器が発火し横においていたものに燃え移った。発火した原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

申し出の接続は誤接続であるが、再現テストでは現象は再現せず、機能にも異常が認められなかったことから、発火原因の特定には至らなかった。しかし、誤接続の状況によっては充電器本体内部の回路及び充電池に異常な負荷がかかり、大きく発火し火災に至る危険があった。また、誤って付属のUSBケーブルとACアダプターがそれぞれ接続できる形状であったことや添付の取扱説明書が英語表記であったこと、さらに電気用品安全法に基づく表示の不備などが認められた。

テーマまたは商品名:自転車

目的

幼児座席とセット販売の自転車を購入したが、自転車にゆがみが生じ使用をやめた。安全性に問題があると思うので調べてほしい。

テスト結果の概要

ゆがみの原因と考えられるスポークの破断は、サークル錠を開錠せずにスタンドを外したときに、かんぬきに当たったスポークに生じる引っ張り力をきっかけとして破損が生じ、走行時の駆動力等によってスポークに生じる引っ張り力を繰り返し受けたことにより疲労破断していったものと考えられる。



発表情報トップページへ

ページトップへ