[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の商品テスト実施状況(2011年6月分)

[2011年8月4日:公表]

今月の商品テスト実施状況(2011年6月分)

 2011年(平成23年)6月の商品テストは、PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)に寄せられた苦情相談等の中から、製品事故や品質・表示などの問題による消費者被害の発生や拡大を防止するために18件実施した。

 商品テストの累計実施件数は50件となった。


商品テスト実施状況

商品テスト実施件数
(( )内は実施件数のうち消費生活センター等の依頼による件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
商品テスト実施件数 1 (1) 3 (3) 1 (1) 1 (1) 5 (5) 2 (2) 4 (4) 1 (1) 18 (18)
当月までの累計件数 5 (4) 15 (14) 1 (1) 5 (4) 7 (7) 5 (5) 10 (10) 2 (2) 50 (47)

テスト結果の概要

テーマまたは商品名:ラー油

目的

ラー油を購入し食べたところ、具材のガーリックが硬く奥歯でかんだところ、親知らずがぐらついて抜歯することになった。かみ切れない硬さかどうか調べてほしい。

テスト結果の概要

相談者から提供された苦情同型品と、当センターで購入した苦情同型品を調査したが、調べた限りではかみ切れないほど特別に硬いと考えられるものはなかった。

テーマまたは商品名:湯のみ茶わん

目的

湯のみ茶わんから茶色い液体が染み出てきた。何が染み出てきたか調べてほしい。

テスト結果の概要

茶色い液体は、苦情品の素地や表面から溶出された成分や、使用などにより苦情品表面や内部に入り込んだ食品等に由来する成分であると考えられた。なお、陶磁器は、食品衛生法において未使用時の状態で、鉛とカドミウムについて溶出基準を満たしていなければならないが、参考までにこの方法で調べたところ、基準を満たしていた。

テーマまたは商品名:電気カーペット

目的

電気カーペットのコントローラーから発煙し、カーペットの一部が焦げた。発煙した原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

コントローラーが発煙した原因は、暖面切替スイッチが中間位置に固定され接点が狭くなったところに、長期間の使用過程で内部に侵入したほこりなどが介在して接触不良による異常発熱がおこり、接点周辺部が焼損したためと考えられる。なお、カーペットの表面の変色は、接着剤の成分がヒータ線の熱により分解して表面に浸透した痕跡と考えられ、焦げた痕跡ではなかった。

テーマまたは商品名:空気清浄機

目的

車内で使用できる空気清浄機を使用していたが、表示のオゾン濃度を超えていないか調べてほしい。

テスト結果の概要

相談者の使用方法に準じて苦情品を車内で使用した場合のオゾン濃度は、運転者の口元付近では安全上問題となる濃度にはならないと考えられたが、苦情品の吹出口直前5cmでは、製品仕様の表示「発生オゾン濃度0.05ppm以下」を超えるものであった。

テーマまたは商品名:軽油

目的

ガソリンスタンドで軽油を給油した直後から走らなくなった。燃料タンクに残った軽油の品質を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品は、保存のために入れられていた一斗缶の底部の錆(さび)等の沈殿物が混入しているものの、沈殿物を除けば「JIS K 2204軽油」に定められた2号のグレードの要求品質を満たしていた。

テーマまたは商品名:和服

目的

はっ水等の加工をした小紋の着物が仕立て上がってきたら、ごわごわして風合いが違う。端切れがあるので、同じ生地か調べてほしい。

テスト結果の概要

反物の端切れについて、組織や密度、繊維の種類を比較したところ、いずれもほぼ同じであったことから、同質の生地である可能性が高かった。

テーマまたは商品名:化粧品

目的

化粧品の試供品を使用したら、肌が白くなった。ステロイドが入っていないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品の洗顔料とパックについて、作用が強く、これまでに化粧品での検出事例のある成分を中心に、7種類のステロイドが含まれていないかを調べたが、いずれの成分も検出されなかった。

テーマまたは商品名:ボディーソープ

目的

2〜3日使用したら手荒れがひどくなった。商品に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品には問題と考えられるほどの皮膚への刺激性は認められなかった。

テーマまたは商品名:脱毛器

目的

熱でひげを焼き切るという脱毛器を購入したが、使用するとやけどをする。商品に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品は通電したワイヤーが発熱し、当たった毛を焼き切るもので、使用時のワイヤーの温度は、最も弱いレベルで70℃を超えていた。また、使用の際に肌に当たるチップの先端からワイヤーまでの距離は、0.5〜1mmと極めて近く、更に肌の柔らかい部分に押し当てると、ワイヤーが直接肌に触れることがあることから、やけどをするおそれがあった。

テーマまたは商品名:鉱石の浴用剤

目的

高額な鉱石の浴用剤を購入した。表示成分について調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品の鉱石から溶出するミネラル成分の濃度は、使用方法の2.7倍量を投入しても水道水の1/80〜1/40と低く、医薬部外品で無機塩類を有効成分とする参考品と比べても極めて低い濃度であった。また、「鉱石の成分」として表示されている「炭酸水素カルシウム」、「炭酸水素マグネシウム」は、固体としては存在しないとされる物質であった。

テーマまたは商品名:マスク

目的

不織布のマスクを着けていたらノーズワイヤーが不織布を突き破って顔を傷つけた。商品に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品は不織布の厚さや突刺抵抗性は参考品との著しい違いはなかったものの、ノーズワイヤーの両端部は鋭利な金属部分が露出しているものもあり、またノーズワイヤーの曲げ伸ばしを行うと先端の金属部分が不織布を突き破ることがあった。このとき、鋭利な金属部分が肌に当たることになるため、何らかの危害を及ぼすおそれがある。なお、裏表逆に使用した場合、正しい装着面より不織布が薄いため、ノーズワイヤーが不織布を突き破る可能性はより高まると考えられた。

テーマまたは商品名:携帯電話

目的

携帯電話を棚から取り上げ使おうとしたら、付属のストラップ式ペンが振り子のようになり、左目にあたりけがをした。商品に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

条件によっては、ペン先が目の付近に当たることを確認したが、市販の参考品においても同様であり、苦情品の形状や重さなど特に問題であるとは言えない。

テーマまたは商品名:風船

目的

ハート形風船を口で膨らませたら、破裂して右目に当たり出血した。商品に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

風船は過剰な空気を充填(じゅうてん)すれば破裂する。ハート形風船は先端付近を起点として破裂し、破裂した風船や破片が膨らませていた者の顔面に当たることが多く、特に目に当たる可能性が高いことが確認された。また、苦情品には膨らませた風船の大きさの目安や、膨らませすぎに関する注意表示等はみられなかった。

テーマまたは商品名:軽自動車(燃料タンク)

目的

軽自動車の燃料タンクからガソリンが漏れた。原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

燃料タンクの材質には一般的であるターンめっき鋼板が用いられていた。穴が開いた原因は、底に水が溜まったためにすきま腐食が発生・進行して、めっき層が先に錆びきり、次いで鋼板が錆びたためであると推察される。

テーマまたは商品名:自動車

目的

アクセルペダルが5年前に折れて修理したが、また走行中に折れた。折損の原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品は長期にわたる踏み込み操作により、繰り返しの応力が苦情品の折れ曲がる部分に発生し、破壊が起こり、徐々に引きちぎられ折損したと考えられる。しかし、苦情同型品の踏み込み耐久性試験を50万回行ったものの、苦情同型品が折損することはなかった。

テーマまたは商品名:自動車用ガラスクリーナー

目的

自動車用ガラスクリーナーを初めて使用したところ、自動車のガラスに小さな傷がたくさん入った。商品に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品及び苦情同型品を使用すると車のフロントガラスに傷がつくことが確認された。苦情品に含まれる粒子の硬さを調べたところ、参考品2銘柄に含まれる粒子に比べて硬く、そのことがフロントガラスに傷を生じさせた原因であると考えられる。

テーマまたは商品名:自転車

目的

自転車で走行中突然ペダルが回らなくなり、前のめりに転倒した。ペダルが回らなくなった原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

走行中に前車輪の右側から異物を巻き込み、タイヤの左側面が前ホークの内側に押し付けられたことにより、前輪ロックと共にペダルが回らなくなり、転倒に至ったものと考えられる。

テーマまたは商品名:住宅構成材

目的

新築住宅にもかかわらず、毎日白い粉のようなものが多く出る。乳児がいるので人体への影響が心配だ。白い粉を集めたので、その成分に問題がないか調べてほしい。特にホウ酸が含まれているか。

テスト結果の概要

白色片の主成分はセルロースであると考えられた。元素分析を行ったところ、炭素と酸素以外にアルミニウムとマグネシウムが含まれていたが、ホウ酸の構成元素であるホウ素は検出されなかった。



発表情報トップページへ

ページトップへ