[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 縁台の上に足を乗せたら転倒し骨折(相談解決のためのテストから No.3)

[2011年8月4日:公表]

縁台の上に足を乗せたら転倒し骨折(相談解決のためのテストから No.3)

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

消費生活センター等の依頼に基づいて実施した商品テスト結果をご紹介します。

 縁台に座ろうとして家の中から縁台の上に足を乗せたら、縁台が前に動き後ろに倒れ、骨折するなどのけがをしたという相談がありました。

 調査した結果、事故の原因は苦情品の端に足を乗せたために座面が傾きバランスを崩し転倒したことが考えられました。

 相談者は、苦情品(縁台)を吐き出し窓のすぐ近くに置いて使用しており、腰をかける以外に踏み台としても使えるものと認識していたことが、今回の事故につながったとも考えられました。相談者が商品の名称を「ベンチ」にすればよいのではと事業者に提案し、依頼センターからも腰をかけるものであることがわかる明確な名称がよいと伝えました。その結果、事業者から季節商品であり次回販売時に名称を変更する予定であると回答がありました。



本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ