[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 小麦加水分解物を含有する「旧茶のしずく石鹸」(2010年12月7日以前の販売分)による危害状況について−アナフィラキシーを発症したケースも−

[2011年9月7日:更新]
[2011年7月14日:公表]

小麦加水分解物を含有する「旧茶のしずく石鹸」(2010年12月7日以前の販売分)による危害状況について
−アナフィラキシーを発症したケースも−

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

 2011年5月20日に株式会社悠香(以下「事業者」)より、「旧茶のしずく石鹸」(2010年12月7日以前の販売分)について、使用の中止と交換または返品の対応に関するお知らせが出された。

 PIO-NETには悠香の茶のしずく石鹸に関する危害情報が247件、消費者トラブルメール箱には12件寄せられている(2004年3月〜2011年7月10日現在)。

 「危害内容」の多くは湿疹やかぶれなどの「皮膚障害」であるが、特徴的なのは、当該石けんの使用により全身性アレルギーを発症している例が約20%あり、もともとアレルギー体質ではなかった人が突然に小麦アレルギーを発症している例も少なくないことである。

 「危害程度」が治療期間「1カ月以上」も25%近くを占めており、中には呼吸困難や意識不明になるなどのアナフィラキシーを起こし、救急搬送されたり入院をした人もいる。

 食品の小麦アレルギーはよく知られているが、消費者にとっては石けん類により口から摂取する小麦に対するアレルギーが発症するとは思いもかけないことである。

 事業者はすでに商品の回収・返品受付等の対応を行っているが、この商品は販売個数が非常に多かったため、事業者が直接把握しきれていない利用者もいると見られており、注意喚起がもれなく届いているかどうかの危惧が残る。

 そこで、今後の被害拡大防止のため、事業者が回収を行っていることを消費者へ広く情報提供し、当該商品を使用しないよう注意を呼びかける。

 回収対象となっている商品は以下のものである。

写真:旧茶のしずく石鹸(写真は商品の一例)
箱と商品の写真
※外装正面向かって右側あるいは裏面の数字が1999以下のものが該当品。
 詳細は報告書本文の参考資料及び事業者ホームページに記載。

販売者:株式会社悠香(福岡県大野城市御笠川5-11-17)
製造者:株式会社フェニックス(奈良県御所市大字東辻214番1)
※2010年12月7日以前の販売分が対象


相談の概要

危害内容・危害部位・危害程度

 危害内容は、「皮膚障害」165件、「その他の傷病及び諸症状」49件、「呼吸器障害」28件が多い。

 危害部位は、「顔面」121件、「全身」51件、「眼」「気道」22件が多い。

 かぶれ・湿疹や、目のかゆみ、腫れ等の軽いアレルギー症状を呈している例が多いが、危害部位が「全身」や危害内容が「呼吸器障害」の場合にはアナフィラキシーを起こしている例が多い。

 危害の程度は、治療期間「1カ月以上」がもっとも多く61件、次いで「1週間未満」52件、「1〜2週間」19件の順である。

相談事例

【事例】新聞記事を見るまで原因がわからず石けんを使用し続けた
 1年3カ月前から通販で茶のしずく石鹸をまとめ買いし、ずっと朝晩使用していた。2011年2月に突然、車の運転中に全身がかゆくなり、喉が腫れて意識が遠くなったため、車を止めて救急車を呼び、病院へ搬送された。その後2度目のアナフィラキシーを起こし、検査したところ、小麦含有食品摂取による運動誘発性アレルギーとわかり、小麦を完全に除去した生活を送っていたが、石けんは使い続けていた。5月の新聞記事を読み、自分も同じ症状と思った。紹介された病院で石けんによるアレルギー症状と診断された。
(危害発生年月:2011年2月、宮城県・30歳代・女性)


事業者の対応等

 回収該当品の販売個数は約4650万個。

 2010年10月に厚生労働省から小麦加水分解物を含有する医薬部外品・化粧品によるアレルギーの症例が報告されたため、ホームページで注意喚起を行い、2年間の購入実績のある人を中心に、ダイレクトメールに約124万枚の注意喚起文を封入。

 12月に製品改良を行い、成分変更。

 2011年1月及び4月に、ダイレクトメールへ約140万枚の注意喚起文を封入。

 5月20日、自主回収。

 5月30日に、2010年12月7日以前の購入者466万9000人を対象に、回収のお知らせハガキを送付(共同購入や贈り物とした人へ回収を伝えてほしい旨を記載)。

 7月に再度購入者全員へ約430万枚の回収のお知らせハガキを送付(共同購入や贈り物とした人にも回収を伝えてほしい旨、電話がつながらない場合にはFAXやハガキに、交換あるいは返品の希望を記載して返信すれば、郵便局が希望の時間に自宅へ伺い回収・交換ができる旨を記載)。

 現在、小麦アレルギーを発症した人のうち診断書のある人に対しては、治療費等の負担について個別に対応。



問題点

  1. (1)相談件数は5月20日の自主回収公表以降、激増している
  2. (2)きわめて重篤なアレルギーを発症した人もいる
  3. (3)アレルギーがなかった人が突然小麦アレルギーを発症している
  4. (4)小麦製品を食べられなくなり、生活に支障をきたしている人もいる


消費者へのアドバイス

  1. (1)「旧茶のしずく石鹸」を使用している人はすぐに使用を中止する
  2. (2)石けん等による体調の異常を感じた人はすみやかに病院を受診する
  3. (3)アレルギー症状のある人は担当医の指示に従い、自己判断で治療をやめないこと


事業者への要望

  1. (1)回収について消費者への周知を進めること
  2. (2)社内における消費者対応窓口の整備を図ること
  3. (3)被害者の救済及び再発防止のために、積極的に原因究明に協力すること


行政への要望

 「旧茶のしずく石鹸」の回収を指導したところであるが、直接事業者から購入していない人等、自主回収の通知が届いていない例もみられるため、当該石けんによるアレルギーの被害拡大防止のため、すべての使用者・所有者に回収情報を確実に周知するよう、事業者に対する一層の指導を要望する。



要望先

  • 株式会社悠香
  • 消費者庁 消費者政策課


情報提供先

  • 厚生労働省 医薬食品局 安全対策課



本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ