[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > マグロやカツオの訪問販売に注意!−味見しませんか?包丁を持って購入を迫る等のトラブルが起きている−

[2010年12月27日:公表]

マグロやカツオの訪問販売に注意!
−味見しませんか?包丁を持って購入を迫る等のトラブルが起きている−

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

 「マグロの味見しませんか」等と言って自宅に訪れた業者から、マグロやカツオ等の魚介類を買わされたという相談が増えている。生鮮食料品の訪問販売は平成21年12月より「特定商取引に関する法律」の規制対象となったが、販売業者名や連絡先が分からないため、被害回復が難しいというトラブルがほとんどである。そこで、安易に購入しないよう消費者に注意を呼びかける。


主な相談事例

  • 強引に押し売りされ傷んだ魚を買わされた
  • 味見したら包丁でまな板を叩かれ、怖かったので購入
  • 勝手に切り分けられ、購入を断ったら脅された


消費者へのアドバイス

  1. (1)必要がなければ、きっぱりと断ること
  2. (2)販売業者の名前や連絡先が不明なことがほとんどなので、安易に契約しないこと
  3. (3)トラブルにあったら、すぐに消費生活センター等に相談すること



本件連絡先 情報部
ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ