[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の商品テスト実施状況(2010年8月分)

[2010年10月21日:公表]

今月の商品テスト実施状況(2010年8月分)

 2010(平成22)年8月の商品テストは、PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)に寄せられた苦情相談等の中から、製品事故や品質・表示などの問題による消費者被害の発生や拡大を防止するために12件実施した。これらの中で「火山灰を含む洗顔料の使い方に注意!」「電子タバコの安全性を考える」は、資料を作成し消費者に広く情報提供を行った。

 商品テストの累計実施件数は54件となった。


商品テスト実施状況

商品テスト実施件数
(( )内は実施件数のうち消費生活センター等の依頼による件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
商品テスト実施件数 0 (0) 7 (7) 0 (0) 1 (1) 1 (0) 1 (0) 2 (2) 0 (0) 12 (10)
当月までの累計件数 1 (0) 20 (19) 0 (0) 6 (6) 12 (10) 5 (4) 9 (7) 1 (1) 54 (47)

テスト結果の概要

商品名:火山灰を含む洗顔料の使い方に注意!(報道発表)

経緯及びテスト依頼内容

火山灰由来の原材料が配合された洗顔料について、使用時に誤って眼に入った場合、眼に残って眼表面を傷つけてしまうおそれのある粒子が入っていないかを調べた。

テスト結果の概要

テストした全銘柄の不溶性成分に一定以上の大きさの粒子やとがった部分を含む粒子が含まれており、これらの粒子の一部は涙やまばたきで排出されずに眼表面に残る可能性があった。商品に表示された方法で泡立てた泡にも、とがった部分を含む粒子が含まれていた。

商品名:電子タバコの安全性を考える(報道発表)

経緯及びテスト依頼内容

近年相談が急増しているため、カートリッジにニコチンが含まれていないか、事業者がカートリッジ内の成分と安全性をどのように確認しているのか等を調べた。

テスト結果の概要

カートリッジの液体を調べたところ、全ての銘柄でジエチレングリコールは検出されなかった。国内で販売されているほぼ全ての銘柄でニコチンを含まない旨の表示がみられたが、25銘柄中11銘柄(45味中15味)でニコチンが検出された。電子タバコの安全性は根拠が不十分であると考えられるので、安易な使用は避ける。

商品名:IHクッキングヒーター

経緯及びテスト依頼内容

IHクッキングヒーターのシーズヒーターの金具が外れて脱落した。危険なので原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

ヒーターの脱落は、ヒーターを保持している押さえ金具が下向きに取り付けられていた状態で、ツメが使用過程で腐食し損失したことが原因と考えられる。

商品名:フライパン

経緯及びテスト依頼内容

調理中にフライパンが五徳の上で滑るため危険である。フライパンの裏面の滑りやすさを調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品及び苦情同型品、苦情品と同じアルミニウム製で重量が同程度の参考品(2銘柄)について、3種類のガスコンロを使ってフライパン裏面の滑りやすさを最大静止摩擦力とモニターテストで調べた。その結果、苦情品及び苦情同型品が参考品に比べて、特に滑りやすいと言えるものではなかった。

商品名:フライパン

経緯及びテスト依頼内容

フライパンの取っ手が取り付け部で折れた。危険なので折れた原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品の取っ手が折れた原因は、ガスコンロの炎で加熱され、劣化したためであると考えられる。苦情品はSG規格に適合しているが、取っ手の下面(樹脂部)がガスコンロのバーナーに近く、参考品と比べると熱を受けやすいと言える。

商品名:ガラス製果実酒びん

経緯及びテスト依頼内容

10日前に購入し、台所の床に置いていた果実酒用のびんが急に破裂した。破裂した原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品は気泡や不純物と思われるゴミが存在していること、またガラスの厚さが部位によって3倍も違っていることなどから大きな残留応力を生じ、破裂したものと推測される。

商品名:空気清浄機

経緯及びテスト依頼内容

3年前に購入した空気清浄機のプラグとコードの接合部分から発火した。原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品の本体には異常がみられないことから、電源プラグの抜き差しを繰り返した際の屈曲等により、プラグのプロテクター付近が損傷し、電源コードを持ち上げた際に短絡して発火及び断線したものと考えられる。

商品名:テーブル

経緯及びテスト依頼内容

組み立て式テーブルの天板にひじをついた途端、脚の1本が縮みテーブルが傾いた。危険なので原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品の脚が縮んだ原因は、モニター(男女10人)最小値の1/3よりさらに小さいトルクで締め付けられていたためと考えられる。なお、苦情品は外形寸法、甲板の表面材、表面加工についての表示がされておらず家庭用品品質表示法に抵触するおそれがあり、また、伸縮式の脚に緩みがないか時々確認する、スクリューを締め直す等の注意表示がなかった。

商品名:幼児用椅子

経緯及びテスト依頼内容

幼児用椅子(テーブル付き)で食事をさせていたところ、1歳4カ月の子どもが後ろに転倒した。危険なので構造に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品はSG認定基準に従った後方安定性については基準を満たしていたが、実際に乳幼児が使用し、背もたれに力が加わるような状態では参考品の半分程度の角度で転倒してしまうことから、後脚の配置に改善の余地がある商品と言える。

商品名:杖

経緯及びテスト依頼内容

杖の柄が折れて転倒しけがをした。危険なので強度が十分か調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情同型品(新品)の荷重試験及びSG認定基準に基づく強度試験の結果から、強度上、問題があるとは言えない。

商品名:電動自転車

経緯及びテスト依頼内容

購入してまもない電動自転車のチェーンが切れた。危険なので切れた原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品のチェーン自体の強度に問題はなく、使用時にチェーンを破損させるような異物の巻き込みが生じた痕跡もなかった。チェーンが切れた原因は、自転車の製造時に取り付ける作業が不適切でピンの圧入状態が不完全となり、通常使用時に加わる力でピンが抜けてしまったためと考えられる。

商品名:ベビーカー

経緯及びテスト依頼内容

3カ月前に購入した折りたたみ式ベビーカーのゴム製の足置き(ステップ)部分が切れて外れてしまった。危険なので強度に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品のステップは、苦情同型品とは異なり表面にひび割れを生じ、赤色の異物(主成分がポリウレタン系樹脂)が無数に混じっていた。しかし、苦情品のステップの取り付け強度は、SG規格に適合していた苦情同型品と同程度の強度があり、破損した原因は不明であった。



発表情報トップページへ

ページトップへ