[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 「金貨の“即”現金化」に注意!−後払い、転売で負債が膨らむトラブルが増加−

[2010年9月1日:公表]

「金貨の“即”現金化」に注意!−後払い、転売で負債が膨らむトラブルが増加−

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

 消費者金融などから借金ができない消費者をターゲットとした、新たな手口である「金貨の即現金化」に関する相談が、2008年度以降、全国の消費生活センターに寄せられている。

 現金を必要としている消費者が「即現金化」といった広告をきっかけに、代金後払いで自分の欲しい金額分の金貨や地金を購入する。その金貨や地金を、別の買取業者にすぐに転売し、現金化するという仕組みである。しかし、消費者が手にする受け取り額は購入代金より必ず低く、最終的には債務が膨らんでしまう危険性がある。

 そこで、現金化目的での金貨や地金の購入、転売に関するトラブルについて、被害の未然防止、拡大防止を図るため、注意を呼びかける。


相談からみた特徴及び問題点

  1. (1)利用した多くの消費者が支払い困難に陥る
  2. (2)仕組みの説明が不十分
  3. (3)甘い言葉で勧誘
  4. (4)転売への誘導
  5. (5)繰り返し利用してしまう仕組みや脅迫を受ける場合も


消費者へのアドバイス

  1. (1)絶対に利用しない
  2. (2)セールストークを鵜呑(うの)みにしない
  3. (3)他の商品のケースでも同様手口
  4. (4)消費生活センターや弁護士会等に相談する


情報提供先

  • 消費者庁 政策調整課
  • 警察庁 生活安全局 生活経済対策管理官
  • 金融庁 総務企画局 企画課 信用制度参事官室
  • 経済産業省 資源エネルギー庁 資源・燃料部 鉱物資源課



本件連絡先 情報部
ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ