[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 火山灰を含む洗顔料の使い方に注意!

[2010年9月17日:更新]
[2010年8月18日:公表]

火山灰を含む洗顔料の使い方に注意!

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

 火山灰、シラス、シラスバルーンといった火山灰由来の原材料を配合した洗顔料が最近人気となっている。

 国民生活センターの危害情報システムには、洗顔料を使用して眼に異物が入ったとの事例が2005年度以降の約5年間で23件寄せられている(注)が、うち10件は火山灰由来の原材料が配合された洗顔料を使用して発生した事例であり、10件中9件は通院治療を要していた。

 1990年頃にスクラブ剤入り洗顔料の使用による眼表面異物の事例が多数報告され、当センターも情報提供を行っているが、火山灰由来の原材料が配合された洗顔料も、使用時に誤って眼に入った場合、使用者自身では異物を除去できず、眼表面に残ってしまうおそれがあると考えられた。

 そこで、火山灰由来の原材料を配合した化粧品及び医薬部外品のペースト状の洗顔料10銘柄を対象に、眼に入った場合、眼に残って眼表面を傷つけてしまうおそれのある粒子が入っていないか、テストを行い、消費者に情報提供することとした。

  • (注)2005年度以降2010年5月31日までに登録された、全国の消費生活センターに寄せられた危害情報と、2005年度以降2010年3月31日までに登録された、危害情報収集協力病院から寄せられた受診情報の合算。本報告書に掲載した件数は全て本調査のため特別に事例を精査したものである。

主な調査結果等

  • 全ての銘柄の不溶性成分に一定以上の大きさの粒子やとがった部分を含む粒子が含まれており、これらの粒子の一部は涙やまばたきで排出されずに眼表面に残る可能性があった。
  • 商品に表示された方法で泡立てた泡にもとがった部分を含む粒子が含まれていた。
  • 眼に関する注意表示がなされていたのはテスト対象10銘柄中8銘柄であった。


消費者へのアドバイス

  • 火山灰由来の原材料が配合された洗顔料は誤って眼に入ると粒子が眼表面に残るおそれがある。使用時は眼に入らないように注意し、万一眼に入って異物感や痛みを感じたときは眼科医の診察を受けた方が良い。


業界への要望

  • 火山灰由来の原材料が配合された洗顔料は誤って眼に入ると粒子が眼表面を傷害するおそれがある。消費者への注意喚起を徹底するとともに、安全性を向上させるよう、商品の改善を要望する。


情報提供先

  • 消費者庁 政策調整課
  • 厚生労働省 医薬食品局 安全対策課
  • 日本化粧品工業連合会


業界の意見 ※2010年9月17日 追加

「株式会社MTシステム」

「株式会社MTシステム」より

 弊社で使用している原料は、特許取得のシラスバルーンで、大きさは10ミクロン、形状は球体であるとシラスバルーンの製造元より説明を受け、拡大写真もいただきました。テスト結果に納得できない所もありますので、原料のシラスバルーンを同封します。再度調べていただけないでしょうか。

 弊社の「桜島はい美人」は、今までに10,000本位販売していますが、1本も苦情を受けていません。もしそちらに苦情がきているのであれば、治療費を負担するなり、なんらかの対応をしたいと思いますので教えていただけないでしょうか。

株式会社MTシステム 代表取締役 佐保純一

「株式会社MTシステム」への商品テスト部の見解

 今回のテストでは、テスト対象とした全ての銘柄から、誤って眼に入ると眼に残り、眼表面を傷つけるおそれのある不溶性成分が観察されました。原料として配合したシラスバルーンは球体であっても中空なものであれば製造の過程で割れ、とがった断面が表出する可能性があると考えられますので、最終製品での安全性確認を行っていただき、問題があった場合は改善をしていただきたいと考えています。また、御社商品を購入・使用された方から御社に問い合わせ等が入りましたら、真摯にご対応下さいますようお願いいたします。

「株式会社天元」より

 平成22年8月16日の報道発表説明会の開催ありがとうございました。今回の説明によりますと、昔から存在する多くのスクラブ洗顔に対する忠告は既になされており、同じカテゴリーとなるスクラブ洗顔料の中で、最近新しい素材として火山灰洗顔料が注目を浴び、その販売量が増大するにつれ、消費者センターへの<眼に対するトラブル>の相談が増大していることから、今回は火山灰を特化し、忠告を促されるとのことでした。その検体となる商品の選抜方法はYahoo及び楽天にての検索によって、消費者の方々が情報を得やすいと判断された10銘柄を選抜されたとのことで、弊社の洗顔料kingokingoも選抜され検査を行っていただきました。弊社は火山灰白土洗顔料を開発・発売開始以降16年間製造しておりますが、弊社には今回御指摘いただいた眼に関するトラブルの報告は無く、今回の問題に関しましては驚きと緊張を感じました。弊社は火山灰シラス洗顔料の先駆者としまして、これまでも外部専門機関の協力を得て分析を行う等、安全性を図り製造しておりましたが、今後は更に慎重なデーター分析を行い、安心・安全と喜びの提供に努めてまいります。近年、多種多様の火山灰洗顔料が製造販売されるようになりましたが、弊社製品を含めたすべての火山灰洗顔料が安心・安全で機能性をもつ素晴らしい洗顔料へと向上することを祈念いたします。

株式会社天元 代表取締役 又野佳洋子

「日本生化学株式会社」

「日本生化学株式会社」より

 8月16日に説明会で頂いた資料に記載されてある「5.テスト結果」については何ら意見等はございません。

 8月18日に行われた記者発表が、どの報道局(何社)に向けて発表されたのか、質疑応答などはあったのか等、情報を頂きたいと思います。

日本生化学株式会社 取締役部長 佐東真理

「日本生化学株式会社」への商品テスト部の見解

 記者説明会においては、公表資料に基づきご説明しております。また、公表資料は記者説明会同日にホームページ上で公開しております。

「株式会社ブレーンコスモス」

「株式会社ブレーンコスモス」より

 弊社商品「火山灰(シラス)でできたすごか石けん」に含まれる火山灰(不溶性成分)が他のスクラブ剤入り洗顔料と同様に、目に入った場合に健康被害を与える可能性については異論はございませんが、記者発表資料のタイトルにある「火山灰を含む洗顔料の使い方に注意!」という文言については、あたかも火山灰という原料が危険な物かの様な印象を強く受けます。今回のご指摘に関しましては火山灰のみならず、不溶性成分を含む洗顔料全般に於いて同様の使用上の注意が必要であると考えます。就きましては、記者発表に於ける会見上で火山灰という原材料自体が健康被害を与えるものではないと言う事を、プレスの皆様方にご理解頂ける様ご配慮して頂きたくお願い申し上げます。

 また、記者発表後どの様な媒体を通して発表されるのかの情報を可能な限り頂きたく重ねてお願い申し上げます。

株式会社ブレーンコスモス 代表取締役 西村智

「株式会社ブレーンコスモス」への商品テスト部の見解

 スクラブ剤入り洗顔料については以前より眼表面異物の症例が報告されており、注意喚起がなされています。今回、複数の危害事例が寄せられたことをきっかけに、火山灰を含む洗顔料についてテストを行ったところ、全ての銘柄に、眼表面異物となるおそれがある火山灰由来の粒子が含まれることが分かりました。火山灰を含む洗顔料についても、スクラブ剤入り洗顔料同様の注意表示を徹底するとともに、安全性を向上されるよう、商品の改善を行っていただきたいと考えています。記者説明会においては、上記内容を中心に、公表資料に基づきご説明しております。



業界の対応 ※2010年9月17日 追加

「有限会社タカハラ」より

  1. (1)商品について、商品発送時にしおり※を化粧箱に入れて注意喚起を促すようにいたします。(現行の化粧箱にも「使用上の注意」に明記してございます。)印刷都合上、平成22年8月27日から実施予定です。
    ※【使用上の注意】目に入らないように注意して下さい。万一目に入ってしまった時は、水で十分に洗い流し、それでも異物感が目にある場合は眼科医にご相談されることをおすすめします。
  2. (2)当社HPについて、ご覧いただいたお客様の目にとまるように、商品の使い方のページに特記として眼の注意喚起文を追記いたしました。

有限会社タカハラ 代表取締役 *原(たかはら)寛
注:*は、「はしごたか」です。

「株式会社天元」より

 弊社製品を含め、検査が行われた10銘柄の洗顔料の全てから75ミクロン以上の粒子が発見されたことは、弊社にとりましては誠に遺憾であり、即日粒子混入要因を調査し改善を図ることとしました。今後の対策としましては、粒子分別のフィルターに工夫を行い、粒子選別工程を追加することで防止いたします。また、使用上の注意事項記載に関しましては、弊社は1994年から既に16年間、火山灰白土洗顔料kingokingoを<鹿児島の特産品>及び<ナチュラルコスメ>として認識し、製造販売を行ってきたため、化粧品としての必須記載事項のみを記載しておりましたが、今回、スクラブ洗顔料のカテゴリーで仕分けをされましたので、今後はスクラブ洗顔料レベルの使用上の注意を記載いたします。

株式会社天元 代表取締役 又野佳洋子

「日本生化学株式会社」より

 弊社クライアント様(株式会社ブレーンコスモス)と打合せの上、製品表記の他に、注意書きを促す能書を加えた仕様にしていく方向性で進めております。

日本生化学株式会社 取締役部長 佐東真理

「株式会社ブレーンコスモス」より

 弊社商品に就きましては、今後生産される商品に就きまして(1)の様に商品ラベル自体に使用上の注意を促す表現を明記する準備を進めておりましたが、今回のテスト結果を受け更に(2)のような、注意書きを商品パッケージ内の目立つ場所に挿入するように致しました。

 この新ラベル(1)は9月製造分よりの実施となりますが、注意書き(2)に就きましては、準備ができ次第即日実施の予定で進めております。

(1)ラベルの表示(抜粋)
<ご注意>●傷やはれもの、湿疹等、トラブルのある場合にはご使用をお控えください。また、異常が現れた場合は使用を中止し、皮膚科医師等にご相談ください。●万が一目に入った場合はこすらずに、直ちに洗い流し違和感が残る場合は、眼科医にご相談ください。
本品はシラス(火山灰)を配合しておりますので、目に入らないようにご注意ください。
お肌に合わないときは、ご使用をお止めください。
(2)注意書き(抜粋)
【使用上の注意】
●本品はシラス(火山灰)を配合しておりますので、目に入らないようにご注意ください。
●万が一目に入った場合はこすらずに、直ちに洗い流してください。
●目に異物感・違和感が残る場合は、眼科医にご相談ください。

株式会社ブレーンコスモス 代表取締役 西村智




本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ