[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 3D映画による体調不良

[2010年8月4日:公表]

3D映画による体調不良

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

 3D映画を観て気分が悪くなったという相談が消費者トラブルメール箱やPIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)に寄せられ始めた。

 3Dに限らず、映像の視聴による眼精疲労や不快感、頭痛などの体調不良は、業界や研究者の間では映像酔いなどとして知られており、生体への影響に関する研究や安全に関するガイドラインの作成も行われている。原理上、3Dが2Dよりも映像酔いを起こしやすいおそれもあると言われている。しかし、3Dが急速に普及し大々的に宣伝もされている中で、消費者にはそれらの情報がよく伝わっていないと思われる。

 そこで、3D映画による体調不良について、消費者への周知を目的に注意喚起を行う。


相談事例

【事例1】
 3D映画を観て激しい頭痛に悩まされた。映画館では事前の注意のアナウンスなどもなかった。後で確認すると同行者も同様の症状になったそうだ。
【事例2】
 3D映画を一緒に観に行った中学1年生の娘が乗り物酔いのようになった。自分も眼精疲労と頭痛が起こった。
【事例3】
 字幕版の3D映画を観た後、目の奥が痛み、物が二重に見え、数日続いた。友人と話していたら、特に字幕版を観た人に異常が出るようだとの話が出た。


問題点

 体調不良を訴える相談事例は今のところ劇場映画に限られている。立体映像の迫力や臨場感、おもしろさなどが宣伝されているが、人によって体調不良を起こすおそれがあることについてはほとんど周知されていない。寄せられた相談事例でも、映画館での注意表示や注意喚起のアナウンスがはっきりあったと認識されているものはない。

 事前に注意があれば、観るか観ないかの選択もできる。また、途中で気分が悪くなった場合の対処方法を知らせることも必要である。新しいタイプの映像であるからこそ、体調に変化を起こすこともあるということをあらかじめ消費者に伝える必要があると考える。



消費者へのアドバイス

  1. (1)3D映像は体調不良を起こすおそれがあることを知っておこう
  2. (2)体調不良を感じたら視聴を中止する
  3. (3)子どもは保護者がしっかり配慮する


事業者への要望

 劇場用映画の場合は特に、画面や音の大きさ、照明の暗さなどにより、臨場感や映像効果をより強く感じる代わりに、体調不良を起こすおそれが高くなると考えられる。映画館ではできるだけ消費者がチケットを購入する前に、3D映画は体質、体調により合わない場合があるという情報を知らせ、上映前には、途中で体調の不良を感じた場合の対処方法を注意喚起するなどしてほしい。



要望先

  • 一般社団法人映画産業団体連合会


情報提供先

  • 消費者庁 地方協力課
  • 経済産業省 商務情報政策局 文化情報関連産業課
  • 文部科学省 大臣官房 総務課 法令審議室



本件連絡先 相談部危害情報室
ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。案内ページ


発表情報トップページへ

ページトップへ