[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 乗用車用フロアマットのアクセルペダル等への影響に関する調査結果

[2010年3月30日:公表]

乗用車用フロアマットのアクセルペダル等への影響に関する調査結果

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

 2009年11月25日、米国トヨタ自動車販売は、米国で販売されているトヨタ純正の全天候型フロアマットによりアクセルペダルが引っ掛かったまま解除できなくなるおそれがある事象について、対象8モデルのセーフティ・キャンペーンの改善措置内容を発表した。日本においても、国土交通省のホームページ(自動車のリコール・不具合情報(事故・火災情報検索))に公表されている情報によると、自動車のフロアマットに起因すると推定される事故が過去1年間に13件発生し、また、PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)(注1)にはフロアマットのアクセルペダル等への影響に関する相談が2004年度以降、過去5年間に13件(注2)寄せられていることがわかった。

 消費者庁では、これらの情報を消費者へ情報提供するとともに、「フロアマットがアクセルペダル等にどのように干渉するのか、干渉した場合の危険性についての調査」を国民生活センターに依頼した。

 国民生活センターではこれを受けて、運転席に使用するフロアマットの敷き方や使用中のずれなどにより、アクセルペダル等の操作に影響し、不意に加速するなど危険な状況が発生することがないか商品テストを実施し、消費者庁に報告するとともに消費者へ情報提供することとした。

  1. (注1)PIO-NETとは、国民生活センターと全国の消費生活センターをオンラインネットワークで結び、消費生活に関する情報を蓄積しているデータベースのこと。
  2. (注2)2004年4月1日以降、2010年2月12日までの登録分。本調査のため事例を確認したもの。

主なテスト結果等

 国土交通省に寄せられた情報のうち比較的販売時期が新しい車両と、同省の事例にはないが比較的販売台数の多い車両の中から、入手可能な26車種をテスト対象とした。なお、26車種のアクセルペダルの構造を調べると、24車種はペダルが吊り下げられ、ペダルの支点が上部にある構造(以下、「吊り下げ式」という。)で、2車種はペダルの支点がフロアにある構造(以下、「オルガン式」という。)であった。

 また、カー用品店などには多くの種類のマットが販売されているが、米国で問題となった全天候型フロアマット(雨水を車内にこぼれにくくした縁の高いフロアマット)と同様な、国内の市販品フロアマット(以下「市販マット」という。)について、形状や硬さ、縁の高さなどの影響でアクセルやブレーキペダルに干渉することがないのか調べることとし、大手カー用品店で販売されていた3社4銘柄をテスト対象とした。

フロアマットの固定

  • 純正マットは全て固定できる構造になっている。ただし、足を前に強くずらすとマットが外れることがある車種も見られた。
  • 純正マット本体又は車両の取扱説明書には、「必ず固定して使用する」旨の表示があった。
  • 市販マットの4銘柄中3銘柄は、カーペット等に固定できる構造ではなかった。また、使用できない車種を具体的に明記したものはなかった。

アクセルペダルへの干渉など

吊り下げ式アクセルペダル

固定していない純正マットや市販マットがずれた場合には、アクセルペダルがマットに干渉することがあった(写真1、2参照)。

オルガン式アクセルペダル

市販マットでは、ずれるとアクセルペダルが戻りにくくなったり、意図せずにアクセルペダルが押し込まれることがあった。

写真1 固定していない純正マットがずれた場合、マットの端部に干渉した例
全開に踏み込んだ後、干渉する様子

写真2 市販マット表面の溝に干渉した例
全開に踏み込んだ後、干渉する様子

再現テスト

  • アクセルペダルがマットに引っ掛かると外れることもあるが、引っかかったままだと加速することがあった。
  • アクセルペダルが全開の状態でもブレーキを強く踏めば5車種中4車種は停止した。


消費者へのアドバイス

  • 純正マットは必ず固定して使用し、固定フックが外れていないことやマットがずれていないことを十分に確認すること。
  • 市販マットを使用する場合は、車両の形状にあったものを選択し、ペダルに干渉しないことを十分に確認して使用すること。
  • アクセルペダルが引っ掛かり、戻らなくなったときには、ブレーキを十分に強く踏んで停止させる。停止できない場合には、シフトレンジをニュートラルにしてブレーキペダルを踏む。


業界への要望

  • 市販マットはずれないよう必ず固定フックなどをつけ、アクセルペダルに干渉しない形状にするよう改善を要望する。
  • 固定しなかった純正マットがずれた場合は、アクセルペダルがマットに干渉する車種もあったことから、早急に改善等を含めた対応の検討を要望する。
  • アクセルよりもブレーキを優先させる機能(ブレーキオーバーライドシステム)の搭載を要望する。
  • 消費者へ正しいフロアマットの使用方法を引き続き啓発することを要望する。


行政への要望

アクセルよりもブレーキを優先させる機能(ブレーキオーバーライドシステム)の搭載を業界へ働きかけるよう要望する。



要望先

  • 消費者庁 消費者情報課 地方協力室
  • 社団法人日本自動車工業会
  • 全国自動車用品工業会
  • 一般社団法人自動車用品小売業協会


情報提供先

  • 経済産業省 製造産業局 自動車課
  • 国土交通省 自動車交通局 技術安全部 技術企画課



本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ