[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の商品テスト実施状況(2010年1月分)

[2010年3月3日:公表]

今月の商品テスト実施状況(2010年1月分)

 2010年1月の商品テストは、PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)に寄せられた苦情相談等の中から、製品事故や品質・表示などの問題による消費者被害の発生や拡大を防止するために4件実施した。

 商品テストの累計実施件数は76件となった。


商品テスト実施状況

商品テスト実施件数
(( )内は実施件数のうち消費生活センター等の依頼による件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
商品テスト実施件数 0 (0) 1 (1) 0 (0) 0 (0) 1 (1) 2 (2) 0 (0) 0 (0) 4 (4)
当月までの累計件数 2 (2) 28 (25) 0 (0) 4 (3) 16 (12) 13 (11) 13 (10) 0 (0) 76 (63)

テスト結果の概要

商品名:加湿器

経緯及びテスト依頼内容

加湿器により8カ月の女児が手に2度のやけどを負った。加湿器に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

当該製品は、スチーム式の加湿器で蒸気吹出口は高温になる構造のものであり、幼児の手が届くところで使用していたことが原因と考えられる。

商品名:化粧クリーム

経緯及びテスト依頼内容

ステロイドが入っていないがアトピーに効くといわれ塗っていたところ、効き目が強すぎて心配である。塗るのをやめると赤みやかゆみがでる。ステロイドが含まれていないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品について11成分のステロイドを調べたが、いずれも検出されなかった。

商品名:健康器具

経緯及びテスト依頼内容

約1年前に通販で購入した腹筋を鍛える健康器具を久しぶりに使用したところ、構造部品のゴムに亀裂が入っており危険である。ゴムに亀裂が入った原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

ゴムバンドは繰り返し伸縮することによる疲労と経時劣化によって亀裂が発生し、そこを起点に亀裂が進展したものと考えられる。また耐久テストの結果、ゴムバンドは充分な耐久性を有していなかった。このことから苦情品は安全に使用するには問題があり、改善が必要と考えられる。

商品名:健康器具

経緯及びテスト依頼内容

約1年前に通販で腹筋を鍛える健康器具を購入した。1カ月前使用していたときに異音がし、見ると背面のベルト部分が切れかかっていた。このときに体をひねって少し背中を痛めた。危険なのでゴムに亀裂が入った原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

ゴムバンドは繰り返し伸縮することによる疲労と経時劣化によって亀裂が発生し、そこを起点に亀裂が進展し、破断に至ったものと考えられる。また耐久テストの結果、ゴムバンドは充分な耐久性を有していなかった。このことから苦情品は安全に使用するには問題があり、改善が必要と考えられる。



発表情報トップページへ

ページトップへ