独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の商品テスト実施状況(2009年11月分)

ここから本文
[2010年1月20日:公表]

今月の商品テスト実施状況(2009年11月分)

 2009年11月の商品テストは、PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)に寄せられた苦情相談等の中から、製品事故や品質・表示などの問題による消費者被害の発生や拡大を防止するために9件実施した。これらの中で「電子レンジやIHヒーター等で加熱する湯たんぽの安全性」「ウイルス対策をうたったマスク−表示はどこまであてになるの?−」については、資料を作成し消費者に広く情報提供を行った。

 商品テストの累計実施件数は61件となった。

商品テスト実施状況

商品テスト実施件数
(( )内は実施件数のうち消費生活センター等の依頼による件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
商品テスト実施件数 0 (0) 1 (1) 0 (0) 0 (0) 5 (3) 1 (1) 2 (2) 0 (0) 9 (7)
当月までの累計件数 1 (1) 23 (20) 0 (0) 3 (2) 12 (9) 9 (7) 13 (10) 0 (0) 61 (49)

テスト結果の概要

商品名:電子レンジやIHヒーター等で加熱する湯たんぽの安全性(報道発表)

経緯及びテスト依頼内容

電子レンジやIHヒーター等で加熱できる湯たんぽについて、どのような使用状況で事故となるのか、また、製品に事故を防止するための対策があるのかなどを調べた。

テスト結果の概要

電子レンジで、オート加熱を行うと加熱時間が長くなり、高温の内容物が外へ漏れ出ることがあり危険であった。IHヒーター等で直接加熱できるタイプは間違って口金をしたまま直接加熱すると、湯たんぽが爆発したり、高温になっている時に口金を外すと、高温の水蒸気が噴出し危険であった。

商品名:ウイルス対策をうたったマスク(報道発表)

経緯及びテスト依頼内容

「ウイルス99%カット」など、ウイルス対策をうたった商品が多く見受けられる。マスクのフィルター部の性能や着用時にできる顔とマスクの隙間から空気がどの程度漏れるのか等を調べた。

テスト結果の概要

ウイルス対策をうたっているにもかかわらず、フィルターの捕集効率が低いものがあった。さらに、フィルターの捕集効率が低いにもかかわらず、3銘柄でN95マスクの基準を満たしていると受け取れる表記があり、景品表示法上問題があるおそれがあった。また、すべての銘柄で平均漏れ率が40%以上であり、フィルターの捕集効率が高いものでも、顔との隙間からの漏れがあるため、ウイルス等の微粒子を完全に遮断することはできなかった。

商品名:書棚

経緯及びテスト依頼内容

組み立て式の書棚の棚が外れたため、花瓶と床材に傷がついた。危険なので棚が外れた原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情同型品で各棚に棚の最大荷重(30kg)を加えると、棚のたわみや棚と支持部の引っかかりが浅くなる等を生じたが、棚板固定用のボルトのねじ込み穴が破損したり、棚が落下することもなかったことから、原因を特定できなかった。なお、表示されている棚の最大荷重は30kgであるが、実際にA4判の雑誌を並べると37kgになり、製品の最大荷重以上で使用されることが十分考えられること、また、事故同型品は棚板のたわみが大きいことから、改善が望まれる。

商品名:ヘナ配合の白髪染め

経緯及びテスト依頼内容

ヘナ配合の白髪染めを使用したら頭皮がかぶれた。ヘナなのに黒く染まるので酸化染料が配合されていないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品について酸化染料が配合されていないかを調べたところ、アレルギーの原因となり得る酸化染料のp-フェニレンジアミンが1.7%含まれていた。また、苦情品には「医薬部外品」の表示がなかったため、薬事法に抵触するおそれがあった。

商品名:家庭用オゾン発生器

経緯及びテスト依頼内容

仮設店舗で販売する業者から家庭用オゾン発生器を購入して使用しているが、使用した際にオゾン濃度が基準値を超えるなど安全性に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

相談者は苦情品を浴室で使用していたとのことから、取扱説明書に従い浴室で使用した時に吸引すると考えられるオゾン濃度を調べた。その結果、換気をしない状態ではわずか6分で労働環境における許容濃度の0.1ppmを超え、最高で0.3 ppm付近に達した。浴室への入室で一旦わずかに濃度が低下するものの、その後上昇し、運転中は0.1ppmを下回ることはなかった。このため、運転をしながらの入浴は高い濃度のオゾンを吸入してしまうため、身体への悪影響を及ぼすおそれがあった。

商品名:殺虫用品

経緯及びテスト依頼内容

光で虫を誘引し高圧電流で殺虫するというソーラー式のライトを購入した。点灯しなかったので交換したが、その交換したライトも2時間半程度しか点灯しなかった。商品に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品2個については最初1個が点灯しなかったが、途中から点灯し、最終的に2個とも別途購入した苦情同型品と同様に点灯するようになった。十分な充電と放電を繰り返すことで性能が安定してくるのは、ニッカドバッテリーの特性であることから、購入直後は自然放電等の理由により、ニッカドバッテリーの容量が減少した状態であったと思われる。個体間で点灯時間及び明るさに差がみられたことから、安定した品質管理が望まれる。

商品名:シュノーケル

経緯及びテスト依頼内容

8歳の子どもが海でシュノーケルの排水弁が外れ水が入ってきたため溺れそうになった。排水弁が外れると危険なので原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品は使用者が排水弁に詰まった砂や小石を指でかき出した際に膜の固定が緩み、その後の使用で欠落した可能性が考えられた。また、苦情品の排水弁部はキャップがなく、子供が誤って膜を外してしまうことも考えられる。同様な事故の再発を防止するため、当該商品および類似商品は排水弁部にキャップを取り付けるなど、子どもが誤って膜を取り外すことのないような構造とすることが望ましい。

商品名:ガソリン携行缶

経緯及びテスト依頼内容

2年前にガソリン携行缶を購入し、草刈機用としてガソリンを購入・保管していたところ、携行缶の底からガソリンが漏れ出し危険であった。ガソリンが漏れた原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

ガソリン漏れの原因は、何らかの理由により苦情品の内部に入った水が底に溜まった状態となり、先ず底部の亜鉛メッキ鋼板のメッキ部に錆が発生、さらに腐食が進行し鋼板にも錆が発生した後に、錆の部分が鋼板から剥離し孔が開いたためと考えられる。

商品名:ベビーカー

経緯及びテスト依頼内容

ベビーカーに子供を乗せ道路を押していたときに、後輪付近のフレームのねじが外れて折りたたまれた。危険なのでねじが外れた原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

再現テストに供した苦情同型品3検体中2検体で、苦情品と同じ個所のねじが外れた。苦情品のねじは、組み立て・折りたたみ動作の際に、このねじで締結されている2本のフレームの動きに合わせて一緒に回転してしまい、徐々にゆるみが生じたものと考えられる。加えて、走行時の連続的な揺れや振動もゆるみが生じる原因となり、ねじが外れたものと思われる。ねじが外れないように締結方法の改善をすることが望ましい。