[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 土日祝日相談受付状況(速報)−2010年1月16日(土)、17日(日)受付分−

[2010年1月20日:公表]

土日祝日相談受付状況(速報)−2010年1月16日(土)、17日(日)受付分−

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

 消費生活センター等の消費生活相談窓口の存在をご存知ない消費者の方に、お近くの消費生活相談窓口をご案内することにより、消費生活相談への最初の一歩をお手伝いするものとして、消費者庁が「消費者ホットライン」(注)を、2010年1月12日より全国で実施した。これに伴い国民生活センターでは、1月16日(土曜)より、土日祝日相談を開始した。

 今回、1月16日(土曜)、17日(日曜)の2日間の受付の概況を報告する。

  • (注)消費者ホットライン:0570-064-370(ゼロ・ゴー・ナナ・ゼロ 守ろうよ、みんなを

件数

2日間で298件の相談が寄せられた。

相談件数
内訳 1月16日
(土曜)
1月17日
(日曜)
合計
苦情136132268
問合せ151530
合計151147298
  • 「アダルトサイト情報」「出会い系サイト」等に関する苦情が多く寄せられた。
  • 「問合せ」には、近隣トラブル、個人間の借金や「地元の消費生活相談窓口を教えてほしい」といったものが含まれる。


主な苦情内容

  • 「出会い系サイトで年齢を登録したら突然、約4万円の支払いを請求された」など出会い系サイトやアダルトサイトの不当・架空請求に関する相談が多かった。
  • 「消費者金融3社から約300万円の借金があるが、返済が苦しい」といった多重債務に関する相談も見受けられた。
  • 賃貸マンションの敷金や更新に関する苦情も寄せられた。
  • 投資用マンションのしつこい電話勧誘に関する苦情もあった。



本件連絡先 相談部

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ