[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 未公開株のトラブルが再び増加−「劇場型」「被害回復型」など新たな手口が次々登場−

[2009年9月15日:公表]

未公開株のトラブルが再び増加
−「劇場型」「被害回復型」など新たな手口が次々登場−

 「上場間近と勧誘され購入したが、いまだに上場しない」などの未公開株のトラブルが再び増加傾向にある。

 最近では、

  • 複数の業者が登場する「劇場型」
  • 金融庁や消費生活センターなどをかたり、消費者を安心させる「公的機関装い型」
  • 謝礼や高値買い取りを約束する「代理購入型」
  • 過去に未公開株を購入したことのある消費者に、被害回復をうたって未公開株を購入させる「被害回復型」

など、複数の者が登場し消費者の投資欲をあおったり、過去の被害を回復したいという消費者の心理に付け入るなど、業者の勧誘手口が巧妙化している。


消費者へのアドバイス

  1. (1)「あなただけが儲かる」ようなうまい話はないので、きっぱりと断ること
  2. (2)過去に未公開株を購入したことのある消費者をねらって、複数業者が執ように勧誘したり、「被害回復」をうたって消費者をだますケースがあるので、これまで未公開株を購入したことのある人は特に注意すること
  3. (3)断り切れずに契約してしまったり、あやしいと思ったら、すぐに家族や消費生活センターに相談すること



本件連絡先 情報部
ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ