独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 2008年度のPIO-NETにみる消費生活相談の概要

ここから本文
[2009年8月6日:公表]

2008年度のPIO-NETにみる消費生活相談の概要

この概要は、2008年度に国民生活センターと消費生活センターを結ぶ「全国消費生活情報ネットワーク・システム(PIO-NET:パイオネット)」によって収集した消費生活相談情報の概要をまとめたものである(対象データは、2009年5月末日までに国民生活センターのホストコンピューターに登録された苦情相談)。

当該情報の詳細については、「消費生活年報2009」(2009年10月発行予定)に掲載予定である。

2008年度のPIO-NETにみる消費生活相談の主な特徴

  1. (1)消費生活相談情報の総件数は減少傾向にあり、2008年度は6年ぶりに100万件を下回った。
  2. (2)「架空請求」の相談はピーク時の15%以下に減少。
  3. (3)「石油類」「鮮魚(カニ等)」「分譲マンション」「住宅ローン」などの相談がかなり増加。
  4. (4)「取引」に関連する相談は減少傾向にある。「安全・品質」に関連する相談の割合は増加。
  5. (5)「店舗外販売」は減少を続けているが、いまだ相談全体の半数近くを占める。「通信販売」と「訪問販売」の減少が著しい。
  6. (6)「借金契約」と「販売信用」(クレジット契約)に関連する相談は合わせて全体の3割弱を占めている。「個品割賦」は大きく減少したが、他の販売信用は増加している。

本件連絡先 情報部

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について