[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 高齢者が狙われている!「掛軸」の電話勧誘にご注意!

[2009年5月14日:公表]

高齢者が狙われている!「掛軸」の電話勧誘にご注意!

 高齢者が「全国であなたが選ばれた」などと電話で勧誘され、40万円近くの掛軸を契約させられるトラブルが増えている。

 掛軸に関する相談は増加傾向にあり、2008年度には294件の相談が寄せられた。そのうち契約者の年齢が80歳以上の相談は156件あり、契約者の平均年齢も78.6歳と非常に高い。

 相談事例をみると、「“有名な寺院の高僧の直筆”とのことだったが、寺院に確認したところ、そのような事実はないと言われた」といった虚偽の説明や、消費者が断ると「罰が当たる」と脅す、さらには判断不十分者に契約させるなど、販売方法に問題があるケースが多い。


消費者へのアドバイス

  1. 1.高齢者を狙った悪質な勧誘が目立つので、家族や近所など周囲の人が日頃から気を付けること。
  2. 2.あいまいな返事はトラブルのもと。必要ないのであれば「契約しません」ときっぱり断ること。
  3. 3.断りきれずに契約してしまったら、家族や消費生活センターにすぐに相談すること。



本件連絡先 情報部
ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ